給料を上げられる経営者と上げられない経営者

お金

単に金儲けが得意という能力ではなくて、
皆を導いてのリーダーシップ力が、ホンモノが求められている。

きっかけは金欠の女性社員。従業員の最低年収を770万円に上げ、会社の収益を3倍にしたCEOの決断|FINDERS
「クリエイティブ×ビジネス」をテーマに、新たなイノベーションを生むウェブメディア

この記事を読んで、
コレをうがった目で見るか、
自社での実現可能性に向けて建設的に見るかで、
ものすごく大きく変わる。

この会社の社長が、もともと自身の莫大な所得があったからこそ、
従業員の給与も引き上げられたんだ…
オレ様はコレぽっちしか会社からもらえてない…

ありえないですね。
経営者であればあるほど、
自身の給与を削って、
何なら従業員以下の給与にしてまでも、
従業員には安定的に目の前の業務へ後顧の憂いなく取り掛かれるよう、
環境整備を整えることこそが、経営者のお仕事です。

…ブラ下がりーマンばかりが増えてしまう。

それ、そうさせないためのリーダーの問題ですよね。

…今の仕事じゃ昇給させた給与以上の利益を生み出せない。

それ、自社の構造的な問題であって、
一従業員、労働者に変えられるものではありませんよね。

最低年収をこの会社のように、
770万円に引き上げれば、
アナタの会社には、こぞって有能な方々”も”たくさん応募してくれる可能性は高まります。
*別に770万じゃなくても、月給50万程度あれば、
今の日本で間違いなく生活に困るとは思えない賃金レベルなので、
事例として良いのは、年収600万円って感じかな。

とまあ、仮にそう決めるとしたならば、
一人600万以上の粗利を稼げる経営、事業の組み立て方をすれば良いだけの話。 

それは、売上として、単価設定にも、販売量にも、
その頻度(継続購入数)にも応じて、
バランスは変わってくるのでしょう。

現状で、そのバランスが崩れているのだとしたならば、
どうやってそのバランスを整えるかが、経営者のチカラ。

経営者こそが、変えられる権限を持つ。

同時に、
一人600万以上の仕事を、従業員一人一人にしてもらえるかどうかもまた、
経営者のチカラ。

全ては経営者の器、能力、スキル、人格、などなどによって、
良い会社、残念な会社って分かれていく。

労働者は、当然ながら、
自身の能力がイチバン発揮される職場で、
自分の存在価値を見出し、周りにそう評価され、
承認欲求、社会帰属欲求、自己実現欲求、自己超越欲求など、
満たされることを望んでいる。
それも、ストレスなく。

逆を返せば、そういう”場(会社)”を用意してあげれば、
人はこぞって働きに来たくなる。
 

 
別に給与の問題だけじゃありませんが、
コレだけ不安定な世の中になると、
安定した給与の保証は非常に大きな問題です。

ホントに、経営者はフルイにかけられてますね。

安定して業務へ集中して向き合っている従業員がいればこそ、
会社全体の利益もまた、積みあがっていくのだから。

経営者も労働者も、共存共栄の仲間なんですから。
というか、共存共栄していく意識のない経営者の下で働く労働者こそ、
カワイソウなんだと思う。
口だけじゃなくHP上だけじゃなく、
今こそ行動が、背中を見せて結果を出していくことが求められている。
労働者はいつまでも待っていてはくれない。
(あ、ウチの嫁さんもいつまで待ってくれるかわかんないから頑張んなくっちゃ…汗&涙)

 
追伸
こんなコロナ禍で最賃上げるなんて…って中小経営者に寄り添っているような言い方をする人もいるけど、
そういう人が、今までと同じ賃金じゃもう外国人さえ働きに来てくれないよって言う。
 、

給料上げなきゃ人なんて来ないよっていう割には、
それを考えるのはアナタの仕事でしょって、寄り添わないのが業者。

結局のところ、キレイごと抜きに、経営者のレベルアップに気づかせられない業者は、
そのレベルアップを色んな角度から支援できない業者は、
経営者が自ら前向きに取り組みたくさせられない業者は、
いつまでも御用聞きや受動的な業者として、
受入先に振り回され、不安定になっていくんだと思う。

それくらい突き抜けた視座で受入先と関わっていくくらいが、
ちょうどよい距離感と信頼関係を自然と育んでいく。
受入先にも外国人労働者にも、ナナメ上くらいのポジショニングがないと、
肝心な時にグリップしていけないから。

9割ボランティア1割ビジネスくらいがちょうどよい。
コレは、量だけではなく、質の面からも同じことなのかもしれない。

 
————————————————————–
懲りずに次から次へと新たなトライをし続ける私を、面白がってくださる方は、
以下のメルマガにご登録しておいてくださいネ。苦笑
・当方からの様々な企画、案内をお求めくださる方は、コチラ。 
“20minutes”YoutubeLIVE 配信リンク案内LINEオプチャはコチラ 
*よくわかんないけど情報が欲しい方は、とりあえず一通りご登録ください。笑
————————————————————–

コメント

タイトルとURLをコピーしました