問題解決

問題解決記事一覧

  1. 外国人労働者と日本人労働者、どちらがお得?

    あるあるトーク。人が集まらないから、外国人労働者を呼ぼう。色々調べてみたら、自社ではちょっとできなそう。業者に頼んだ方が早い。

  2. 「働き方改革」とは「生き方改革」だと思う…じゃあ、どうすればいいの?

    働き方改革=生き方改革私は、ナゼ、笑顔で感謝される社会を目指したいのか。答えは簡単。怒る、怒られる、悲しむ、などのない世界が良いに決まってますよね。じゃあ、笑顔で感謝されるには、何からスタートすべきか。

  3. 監理団体の経営者の方へ、アナタはどこへ向かうために、どうやって導いていますか?

    人財育成に取り組んでいます...国際貢献・国際協力に励んでいます...架け橋になりましょう...うん、わかりました。

  4. 外国人労働者業界での成功のコツをもう一度整理してみました。

    アッチへコッチへと3、4日出ずっぱりだと、色々やることがたまります。汗それでも、色々な方に出会ってお話をお聞きしてくると、やっぱりなぁと根底に流れる部分を肌で感じる機会が多くあります。

  5. 【お茶会報告】やっぱり意識の高い方々と交流を図るのは楽しくて仕方ありません。笑

    昨日、詳しくは会員の方々に報告申し上げましたが、別角度からコチラでも。ナゼ、私の開催するお茶会に、ご参加くださる方がいるのか。ナゼ、こんなにも楽しい時間なのか。

  6. ナゼ、技能実習制度を中心とした解体新書企画への新規参加者が増えるのか?

    いつものごとく、たまには解体新書企画について書いてみます。今回は専用サイトについて。「技能実習」と検索したら、1,670万件がヒットする。お役所サイトの各種書面は読んでもさっぱり頭に入らない。

  7. 時事ネタやケーススタディを見た時に、アナタはどこまで考えていますか?

    時事ネタ、ケーススタディ、とっても大事です。どういう時に、どういう判断をすべきか。それらは適正なのか、適切なのか。自分の判断や言動は間違っていないのか。

  8. 儲けるためには、なぜお客さん以上に外国人労働者一人一人丁寧に対応すべきなのか。

    浪花節を勧めるのは、弱者救済的上から偽善者自己満からではない。ソレがイチバン利益を捻り出しやすいから。やれ、マーケティングだのと、上っ面ばかり概論で考えているのでは、本当の意味で儲けは出ない。

  9. 監理団体現場職員は、リーダーになっていかなければならない。

    技能実習制度のみならず、特定技能の登録支援機関でも同じ。なんなら派遣会社や有料職業紹介事業も全部同じ。この人財業界の一担当者は、すべてリーダーになっていくべき存在。ナゼならば、双方共に引っ張っていくべき存在だから。

  10. 外国人労働者の受け入れを成功に導きたい企業がすべき、上手な業者の『使い方』

    シリーズでお届けしている、外国人労働者の受け入れを成功に導きたい企業がすべき、「業者の探し方」「業者の選び方」「業者の使い方」の最後、第三弾。流れは、昨日の投稿をご参照ください。

Amazon kindle 出版リスト

知りたいキーワードで検索してみてね。

カテゴリーごとに記事が探せます。

スポンサーリンク

2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

おすすめカテゴリー記事

リリースサービス一覧

有料、無料とも、以下の、ページにまとめてみました。

ご参照ください。

リリースサービス一覧