管理人の記事一覧

管理人記事一覧

  1. 特定技能並びに技能実習生での宿泊の受入の現実

    特定技能に宿泊という業種があります。そして、宿泊は、技能実習制度の3年移行対象職種にも追加の是非の意見収集について、パブコメで公表されています。つまり、ほぼ確定という動きです。

  2. 監理団体及び登録支援機関業者の経営者の方へ

    ぶっちゃけ、担当者って、育っていますか?育てられていますか?親切監理団体はもちろん、既存の優良団体先であっても、このお仕事、本当に覚えねばならない知識が多い。

  3. 送り出し国、送り出し機関の選定、また営業の難しさ

    送り出し機関の営業は難しい。未だにベトナムの送り出し営業が、絨毯爆撃的なコピペメッセージの嵐をペタペタと送り付けている様子を、SNSの場などで見かける。

  4. 送り出し機関の選び方と、ナゼお金をかけて視察へ行くのか

    改めて色々考えてみました。通常、送り出し機関を選ぶ場合、その選定基準は、・日本人スタッフがいるかどうかややこしいやり取りや細かな書類作業に対応できる方がいらっしゃるか。

  5. インドネシア労働者のイスラム、ラマダンについて

    ナゼあまりこの手の細かな記事が無いのでしょうか。(私も探してみてはいないだけなのかもしれませんが。汗)もうね、触れたいことが本当にたくさんあります。

  6. ナゼ、インドネシアへ視察に行ってきたのか

    ナゼ、中国でもなくベトナムでもなくフィリピンでもなく、インドネシアへ視察へ行ってきたのか。ナゼ、このタイミングでインドネシアだったのか。もちろん、こちらをご覧の奇特な方々。

  7. 送り出し機関の選び方

    主観的と客観的、信頼と信用、アナタは何に重きを置きますか?10件もの送り出し関連先を見てきて、本当に違いが様々あります。同時に、共通する部分もあり、どの送り出し機関も一長一短です。

  8. インドネシア視察の内容とその価値。

    久しぶりにゆっくり眠れました(^^;)ぶっちゃけ、毎日、ロクに寝てない日々でした。おそらく、普段は日本側に居て、たまの海外出張の方。

  9. インドネシアの多数の送り出し機関を10件、視察してきました。

    初ネシアは初ラマダン。笑おかげさまで、インドネシアから帰ってきました。いやいや、大変でしたが、とても味わえない、貴重な体験をさせていただいてきました。

外国人技能実習制度 記事アクセス トップ50 vol.1

外国人労働者のイチバン安い受入手法: ~特定技能~必要最低限のケアとは (ミニレポート)

カテゴリーごとに記事が探せます。

スポンサーリンク

2019年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

人気記事一覧

おすすめカテゴリー記事

リリースサービス一覧

有料、無料とも、以下の、ページにまとめてみました。

ご参照ください。

リリースサービス一覧