管理人の記事一覧

管理人記事一覧

  1. 宮迫、田村の吉本興業の問題と外国人就労支援業界の闇とかぶる…

    経営陣が、昔の価値観のままいるから、このトラブルを招いたと思う。現場一線で肌感覚を磨いているほうが、判断は間違っていないことの好事例。経営陣は、おそらくは彼らなりに、会社の損失を最小限にしたかったんだと思う。

  2. 外食を例に、特定技能外国人採用ハードルの現実的な3つのポイントを整理してみた

    現状を今一度整理してみよう。外食、宿泊、介護の3分野しか、試験は未だ実施されていない。元技能実習生の特定技能移行が現実的。

  3. 外国人労働者が増えた後の現実的な世界で共生を考えた

    色々考えさせられることばかりなこの業界。確実に外国人労働者が増え続けていきますが、それはどういう現実を生み出していくのでしょうか。共生...言葉で言うのはとってもイージーなんですが、結果、こういう実態を生み出し始めます。

  4. 解体新書企画について、久しぶりに解説してみる。苦笑

    募集期間中じゃないから、堂々と描いてみよう。苦笑ま、どれだけ書いても営業行為にしか見られないんだけども。えっと、たぶん、イチバン役立つ方は、新規参入者なのでしょうね。

  5. 送り出し国の海外視察を充実させるためには

    視察について検索が多かったので、久しぶりに書いてみます。ちょうど良い事例として、解体新書企画で協力関係者の方々と、何のために、どう段取りを組んで海外視察に赴いているのか、書いてみましょう。

  6. 特定技能の登録支援機関ビジネスのキモを解説

    相変わらず、特定技能ビジネスに群がる様々な新規参入者が、ろくに周りを見渡すこともせず、深く考察することもせず、リサーチもままならずに、意識的に自身の先行者利益を追い求め、グイグイ各地で蠢いているようですね。

  7. 本音の熱い気持ちが人を動かす…この外国人就労業界はどう動く?

    やっぱり、人は心を揺さぶられたときに、動くんだなぁと感じた瞬間です。私、別に選挙や政治に対して、右翼だの左翼だのは全くありません。でも、ネット上で俄然と注目を浴びてる感がしたので、取り上げさせていただきます。

  8. 外国人労働者支援業界の成否の全てはマッチングにある

    コレは、どんな事業にも言えるコトなのかもしれません。世の中全て肝心要はマッチング。受入企業側にすれば、良い業者と、良い担当者と出会えるのかどうか。

  9. 弱者救済を本気で取り組むなら、今までと同じじゃ何も変わらない

    受入企業、監理団体、登録支援機関、送り出し機関、外国人労働者、留学生、ビザの種類も受け入れたい業種業界も様々。このお仕事、この業界、本当に一人じゃ何もできない。アチコチでグズグズと毒を吐いたり、批判したり。

  10. 外国人労働者の迫害被害者はどう救うべきか

    いつの時代にも色んな被害者がいる。トラブルが起こる様々な背景という現実を直視すれば、被害者をゼロにすることはかなり難しい。それでも、一つ一つ原因を潰すトライしていくことで、いつかゼロに限りなく近くすることはできる。

Amazon kindle 出版リスト

カテゴリーごとに記事が探せます。

スポンサーリンク

2019年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

人気記事一覧

おすすめカテゴリー記事

リリースサービス一覧

有料、無料とも、以下の、ページにまとめてみました。

ご参照ください。

リリースサービス一覧