当事者意識

当事者意識記事一覧

  1. 特定技能、技能実習制度事業の新たなビジネスモデル?

    なんかこう、仕組みだけ考えるニワカビジネスが多くなってきている?(いつものごとく、自分自身に言い聞かせています)悪い企業ばかりだから、その選別を事前にしてあげるから手数料くださいね。

  2. 良い送り出し機関の探し方

    ある会員さんからご相談いただき、ある送り出し機関をご紹介いたしました。クドクド断っておきますが、双方から一切の手数料やキックバックなどいただいておりません。

  3. 外国人労働者就労支援業界の『成功の秘訣』

    なんだか営業トークのように聞こえる方も多いのでしょうけれども、久しぶりにお伝えさせてください。この業界の意味合いがお分かりの方であればあるほど、付加価値の高いものだと、手前味噌ながら心から思うのです。

  4. 特定技能ビジネスの経営者の大半が見事に陥るワナ

    昨日に引き続き、現実の流れを追ってみたい。簡潔に今の背景を整理すると、14分野、345,150人が5年間の全分野合計の人数枠。

  5. 特定技能に群がる魑魅魍魎と、その認識すらない無知な人々

    ある方とのやり取りから、ある入管で特定技能専用の窓口が開かれていることを知りました。(私、最近、めったに入管まで出向いていないので。

  6. 技能実習生の受け入れの是非はココで大きく変わる

    今回は最初から答えを。監理団体、いわゆる協同組合の立ち位置次第。監理団体の立ち位置が変われば、送り出し機関の立ち回りも、受入企業のポジション意識も、大きく変わります。

  7. 送り出し機関の選び方と、ナゼお金をかけて視察へ行くのか

    改めて色々考えてみました。通常、送り出し機関を選ぶ場合、その選定基準は、・日本人スタッフがいるかどうかややこしいやり取りや細かな書類作業に対応できる方がいらっしゃるか。

  8. この外国人労働者支援業界の事業の難しさを少しでも…

    どんな業界でも、ビジネスである以上、困難な壁は次から次へと現れます。この業界の難しいところは、大きく二つ。一つ目は、特に今の時代、ルールがちょいちょい変化していくということ。

  9. 外国人労働者 雇用受け入れセミナーに参加する意味

    今までも、そしてこれからもっと、外国人材の就労についての採用セミナーが、特に都会で開催されることでしょう。先日も、早々と特定技能の採用についてなど、あるところで開催の案内が出て、満員御礼になっている様子。

外国人技能実習制度 記事アクセス トップ50 vol.1

外国人労働者のイチバン安い受入手法: ~特定技能~必要最低限のケアとは (ミニレポート)

カテゴリーごとに記事が探せます。

スポンサーリンク

2019年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

人気記事一覧

おすすめカテゴリー記事

リリースサービス一覧

有料、無料とも、以下の、ページにまとめてみました。

ご参照ください。

リリースサービス一覧