当事者意識

当事者意識記事一覧

  1. 特定技能の登録支援機関は資格を取ることが大事じゃなくて…

    申請代行業者の宣伝をよく見るので、つい一言申し上げたくなってしまいます。苦笑申請代行業者の方々を悪く言うつもりはありません。汗ビジネスチャンスなので、頑張ってください。

  2. 外国人労働者受け入れのデメリット…というかリスク

    技能実習でも、特定技能でも、留学生でも、技人国でも、リスクは一つ。法令違反。でも、法令違反にも様々。賃金不払い、強制労働、就労制限違反、などなど。

  3. 特定技能と技能実習制度の行く末と、今後のあるべき姿

    ある方への私からの返信です。こちらの方、私などよりもよっぽど様々お詳しく、数度のやり取りをいただいています。技能実習制度が国際貢献だとの意味が未だに分からない。

  4. 特定技能、外国人技能実習制度の法的ケアの決定版!

    えっ、そんなの聞いてないよ!?いつの間に、そう変わっていたの?!アナタは、法務省、厚労省、パブコメ、官報、外国人技能実習機構、JITCO、特定技能の分野別管轄機関先の情報更新など、全てを毎日毎日、日々チェックしていま...

  5. 外国人労働者受け入れ&活用の為のコンサルの上手な使い方

    今回は、コンサルがなぜ必要かではなく、使うならば、どう使うかについて考えてみます。コンサル、顧問、相談役、用心棒、色々な言葉がありますが、ただただお金を支払い続けるのは意味がありません。

  6. 外国人労働者関連ビジネスを成功へと導くためには

    久しぶりに、ド基本を書いてみます。最近、本当に大手のマーケティング的な相談依頼が多くあります。今後、どういう展開になっていくのか。ビジネスとすれば、どういう角度から展開していくべきか。ニーズはどこにあるのか。

  7. 技能実習3号か特定技能か、どちらを選択すべきか

    おそらくは受け入れる企業側の思惑によるのでしょうが、みなそれぞれ、悩んでいらっしゃることと思います。率直に答えを申し上げれば、実習生をちゃんとグリップできている先では、特定技能での受け入れを目指すべきなのでしょう。

  8. 外国人労働者受け入れの本当のメリット

    外国人労働者を受け入れると、色々な事がこれでもかと発生します。日本人ならば、考えられないことが盛りだくさんです。当たり前ですが、面白いほどに常識が通じない。苦笑でも、日々の暮らしにくたびれている日本人とは大違い。

  9. 外国人労働者受け入れが拡大していく前にすべきこと

    一昨日まで、海外出張してました。年に数回、海外へ飛んで改めて思うことは、やはり、日本同様に、海外もまた諸事情は変わりつつあるということ。今回は、今時40前にして昨年末にパスポートを作った初海外の方とご一緒。

外国人技能実習制度 記事アクセス トップ50 vol.1

外国人労働者のイチバン安い受入手法: ~特定技能~必要最低限のケアとは (ミニレポート)

カテゴリーごとに記事が探せます。

スポンサーリンク

2019年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

おすすめカテゴリー記事

リリースサービス一覧

有料、無料とも、以下の、ページにまとめてみました。

ご参照ください。

リリースサービス一覧