コロナ対策も外国人労働者支援事業も気をつけるべきは同じ

受入企業向け

どちらも、

1、正しい知識、正しい法律、正しい現実を『多面的に』知る。
2、適切、適正に都度入手した判断材料を元に、自分の頭で判断して行動に移す。
3、結果を自分が享受する。

ね、同じでしょ。

コレらを1や2のステージで
都度都度間違えていたら、
3が大きく変わっていくだけ。

SNSやメディアニュースやTVに感化され過ぎて、
いつの間にやら脳が混乱して思考停止状態に陥り、
ただただ恐怖に怯えて…
スーパーにマスクやトレペを買いに人混みに並ぶ。

コロナは目に見えない割に、
自分や周りの生死に直結するので、
連日まだ誰もが真剣に考えるから良いほう。

ただし、
良くも悪くもポジショントークの著名人や、
憂さ晴らしや便乗儲けのフェイクニュースに振り回される人は残念ながら多い。
かくいう私もアナタも大衆の一人として気をつけねばなりません。

技能実習制度や特定技能も同じ。

ポジショントークで制度自体が悪いと訴える弁護士。

一局面しか見えていないからこそ、
絶対悪だと騒ぐにわかセミプロや素人。

散々好きにヘイトメッセージを飛ばして、
自分の頭をアップデートしない思考停止の方々の発言に、
更に振り回される大衆。

一つ二つの局面しか見えていない
=もっともっと深く多様な視点からの認識や思考が必要なことに、

意識すら向かない無知な方々が、

明らかに足りない判断材料から
正しい適切な判断など、出来るはずがない。
当然、目論む結果も享受できない。

まず初めに、
情報過多に溺れてしまう方へ。

混乱する脳はストレスを感じるので、
たいていは、Noや拒絶の判断を下します。

解決方法は簡単。

『誰』からの情報を信頼して
受信して咀嚼、消化すべきか。

ココを考えるべきです。

なお、私が感じるポイントは、
肩書きや実績や事業規模的な理由から、
頼る人を選ばないこと。

日本人は特に、
無意識に今までの習慣で、
権威のある(と思われる)人の言葉に振り回されているように感じます。

その人が、どういう人か、
良く知りもしないで。

なぜならば、
そのほうが楽だから。

自分の頭で考えなくて済むから。

特に本音を言えない立場の人であればあるほど、
その人がどういう人なのか、
まったくわかりません。

少なくとも、
たとえテキストや動画でもよいので、
その人の使う言葉や立ち振る舞いなどから、
上手に読み取り感じ取れる部分があれば、
まだ多少なりとも判断ができそうです。

そう、
あくまでアナタが主観的にみて、
何かこう関係性を繋いでおきたいと感じられる、
そんな安全、安心、信頼を感じられる
そんな言動をしている誰かを頼るべき
だということ。
(楽とか、無料とか、そういう意味ではなくて)

どれだけ頭が良くても、
どれだけ実績があっても、
どれだけの事業規模があっても、
どれだけの金持ちでも、
どれだけの権力者であっても、
アナタが安心して信頼できない人からの情報は、
アナタが受信しても、
アナタの心に残らない、響かないのだから。

いなかったら、探すこと。
いても、もっと頼れる人がいるのではと探すこと。

更に、一人ではなく、
二人以上の情報源を確保して摂取すること。

そうやって絞らなければ、
また、絞る分、情報密度を高めていかねば、
アナタにとって有用になりませんから。

ちなみに私は、コロナに関しては、
国などからの発信に加え、
感染のプロでもないけど信頼している方々からの情報を元に、
たまにSNSの情報を確認してみる程度で、
摂取、咀嚼、消化して、立ち回っています。

正直なところ、イチバン見ていないのが、TVと新聞です。

技能実習制度事業も特定技能もまったく同じ。
各種公的機関の発信情報と、
各パートナーとの交流情報と、
SNSをたまにのぞく程度。

ネットニュースも今はほぼ見ないし、
(肝心なニュースは仲間から自動的に入ってくるから)
特番もあまり見てません。
オススメされたり、
大きく話題に上がっている場合は
さすがにチェックはしてますが。

1、情報源を誰に頼るか。
2、自分の頭でどう捉えて判断するか。

この辺りの選択や考え方の引き出しの違いで、
3の『享受できる結果』は、
180度、更にケタ違いに変わるってことですね。

そして、
貴重な情報には、
お金を費やす意味があるということです。

なぜならば、
費やしたお金以上の価値を、
自分次第で享受できるから。

ちなみに、私はこの10年以上、
ずっと投資し続けてきました。

おかげで、
こんな私でも多少なりともの結果も享受できています。

つまりは、
支払ったお金以上に、
自分にお金が貯まる価値を、
受信した情報に見出すワケです。

少なくとも、
これだけ溢れかえっている情報を、
整理整頓して、
自分に必要な情報だけを選び取ってくれる

それだけでも自分の時間を大幅に短縮でき、
別のことに時間を割けるワケです。

もしアナタが私に、
多少なりともの信頼をお寄せいただいているのであれば、

私を頼ってくださっているのであれば、

それは、大変ありがたいことです。

解体新書の募集は先日、終了しましたが、
他のサービス?というか、活動は、変わりなく稼働しています。

今回、情報源ということであれば、
アップデートメールがお勧めです。

日々更新されるコロナの正しい情報を
チェックし続けることと同じように

外国人労働者業界も、
日々、うんざりするほどに、
法律などが移り変わっていきます。

この業界にいるものとしては、
知らなかったでは済みません。

コロナ感染を知らなくて、
うつしてゴメンにょ…では済みません。

元職員の業界アップデートメールサービス

元職員のアップデートメールサービス
*解体新書企画内の有料メール配信のみを廉価に提供しているサービスです。 単なる最新情報だけじゃなくて、私が有料会員向けにどんなご案内を様々しているかがわかります。 えっ、そんなの聞いてないよ!? いつの間に、そう変わっていたの?!...

注:
解体新書会員の方々には、
もともと全コースに付いているものなので、
不要です。

お金を支払っているからこそ、
元を取るべく、
アナタの思考力自体も養う効果もありそうです。

正しい情報源だけでも、ぜひ有効活用してください。

たまにはと思い、宣伝してみました。笑

こんなコロナの時期だからこそ、
誰に会うことなく、
定期的に、様々なアップデートに、
丁寧に目を通してみてはいかがですか。

厚労省のコロナ情報も、
毎回欠かさずお送りしていますから、
TVやネットニュースに振り回されている方は、
ぜひどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました