最近、私が水面下でどんな活動を様々しているのか、興味あります?苦笑

お金

こんなきれいなお姉さんじゃなくて、
しがないオッサンだけど、
興味持っていただけないとサミシイから、
ツカミとして利用させていただきました。
ツリと思われた方…ツリです。
ご容赦ください。笑

ネット上での活動は特に、
私が面白がってやってみたいことばかりやっています。

といっても、私だけが独りよがりに面白がってやっているのではなく、
どこまでも、あったらいいなぁ、喜ぶ人がいるだろうなぁ、
そう思えることをやっています。

そして、やってみたいことだらけなので、
いくつか実際にスタートさせてしまっていて、
手を広げすぎて、アップアップしている状態です。自業自得…涙

興味あるもの好きな方もいらっしゃいそうでしたので。苦笑

・先日募集を締め切った解体新書企画
・↑の解体新書企画の各種スピンオフ作成
 (現在、@ベトナム編と@介護編を作成中…@建設編、@農業編、@ミャンマー編などなど控えていて…)
・アカデミー…技能実習や特定技能に関わる現場の一職員の人財育成支援ツール
・業界支援システムのコラボ的支援
・人事評価制度の導入&代理店的協業支援(私が代理店で…じゃないです。苦笑)
・チームMなるお手伝いくださる方々と救済マッチングトライ

ある方に相談してみましたが、女性だけのコミュニティも作ってみたいんですね。

ただ、直近では、こんな時期なので、
実は、今こそ、『全社会人個人事業主化』に対しても、
私なりに、特に経営者ではなく、一職員として頑張っていらっしゃる方々へ、
いわゆる今の時代のこの業界の方々の一個人の『お金の稼ぎ方(副業、複業入門)』を、
お届けしてみたい気持ちに、駆り立てられています。
(以前も、副業、複業のススメなんて、言ってましたからね。苦笑)

他にも、色々と細かいことは書き出しきれないくらい…

一つ一つ説明していくと、相当なボリュームになりますので、
ここでは軽く氷山の爪先を列記してみただけですが、
これら一つ一つが、とんでもないボリュームの頭脳労働量。苦笑

当然、質を求められるからこその量になります。

ぶっちゃけ、とても一人じゃできないので、
もはや堂々とお仲間内に、ご協力をそれぞれお願いしています。

でも、たぶん、最後のドストレートなお金の稼ぎ方は、
たぶんこの業界、誰も説明できない、ご協力いただけない内容になるので、
もし、お求めの方が多そうであれば、
トライしてみるつもりでいます。

というか、投げかけてみたい。

こんなにもお金に執着なく、アレコレ言い続けている私が、
ナゼ、どんなお金の稼ぎ方を、伝えるのか。
ご興味ある方いらっしゃいます?苦笑

ちなみに、実績のある手法しかお伝えしません。
ちなみに、イヤラシイ言い方ですが、
私、このネットからの事業だけで、結果的には、累計1千万強、稼いでいます。
(3年(5年?笑)累計ですし、協力関係者にも計数百万は謝礼を支払ってますが。)

私、こういう言い方、好きくないのですが、
別に隠すことでもないので、ココだけの話にしといてください。苦笑

そして、稼いでいる…というよりは、全て、ご支援願っているだけで、
正に活動原資に他なりません。
それ以上を使っていて、活動していますので。汗

あ、お伝えしてみようと思っているのは、
9割ボランティア1割ビジネス的な稼ぎ方じゃないですよ。
ただ、結果、稼ぐにせよ、この姿勢はとっても大事なんですけどね。

アナタは、現状が今のまま続くと思っているのかどうか。

であれば、自分と家族の活動原資を維持し守っていくために、
どういう選択を取ろう、取るべきだとお考えなのかどうか。

私、ずっと一貫して同じことを言い続けています。

そして、違うことにトライし続けています。

登り方は違えど、目指す頂点は同じ。

ちょっと傲慢かもしれませんが、
率直な感想を…

企画を立案して、具現化させ、
人を巻き込み、ヤル気になって、
世にリリースしていく。
引っ張っていくだけの頭脳労働(労力)と時間を費やせる人は、
ほとんどいません。

私は別に、私よりももっと上手にできる方がいらっしゃれば、
ダチョウ俱楽部同様、どうぞどうぞ…とお任せしたい…お願いしたい…

でも、自分がどれだけコミットしているのか。
本気でやりたいことなのか。
自分で自ら選択した道なのか。

言い出しっぺにならない限り、ないものねだりなのかなとも思っています。
自分がそんなタイプだからかもしれません。汗

でも、自分と同じタイプの人ばかりじゃないし、
とってもありがたいことに、私の思い付きに耳を傾け、
面白がってご尽力くださる方が、多種多様にいらっしゃることは、
本当にありがたく、感謝しかありません。
報いるべく、結果が出せるよう、オナニーで終わらぬよう、
一つ一つ、丁寧に愚直に精一杯、取り組むのみです。

できる能力のある人は、
たぶん、ビジネスとしてご自身の事業に邁進されている場合がほとんど。
つまり、9割ボランティア1割ビジネスなんて眠たいことに関わっているほど暇じゃない。

志はあっても、どうしたらいいかわからない。
気持ちはあっても、目の前の作業に追われ、時間がない。
時間も志もあっても、そんなにメンドクサイことやりたくない。
いや、そもそも、やりかたわからない。

現場に出ている方であればあるほど、
こういう現状を打破したいという気持ちが強く芽生え、
でも、どう変えたらいいかわからない。
変えていくために割ける時間もない。

できない理由はいくらでも出てきます。
これらを、どう踏まえて乗り越えていけるのか。
たぶん、本当にやりたいことであるならば、
何らかの道をひねり出すのみです。

そういう意味では、本当にやってみたいことがある私は、
また、ソコにトライできている私は、
まだ幸せなのかもしれません。

本当は、誰にでも、やってみたいことを探せるハズだし、
それでメシ代を稼ぐことも、何とかなるハズです。

でも、やり方がわからない。
だったら、やり方を探してみるけるだけなんですが、
ジタバタすらしない。
ジタバタの仕方すら、考えない。

ちょうどこんな記事を見つけました。

正社員の解雇ラッシュは10月下旬からか…カギは9月中間決算【#コロナとどう暮らす】
7/6(月) 9:06配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/9dcb09555515dd7be73f0dd69ec6e6b62b67774b

会社員の8割が新型コロナで将来に不安。副業を始めてみたい人が半数以上も
7/6(月) 11:51配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/a3d97adac79b92468bda317137ef7d29ac9330ed

例のごとく、不安を煽るつもりはありませんが、
厳然たる現実の一つであり、
人は自分がその状況に陥らない限り、
どこまでも対岸の火事。
直視しようものならば、目が潰れてストレスで胃に穴が開いちゃうくらい。

そうなる前に、自分の生き方や生き様、
また、そう生きていけるだけの生き方を築いていければと願っているものですが、
はたしてどれだけの人数が実際に動けるものなのか。

なんかこう、余計なお世話をしたくなってしまい、
稼ぎ方にフォーカスしてしまいました。苦笑

いずれにせよ、人は、なんらかの山を登りたいワケです。

会社にいれば、登山ツアーみたいなもので、
参加さえして、足を前に出し続けてさえいれば、
周りと同じように行動していれば、
山は登り続けることはできます。
頂上までたどり着けるかどうかはわかりませんけど、
もしかしたら、一人でポツンといるよりは、
よほど登れる確率は高まるかもしれません。

でも、そのツアーもいつ、中止になるのかわからない。

流されるのは、自分の頭で考えないから、楽ちんです。

その楽ちんも足元が揺らいできています。

いやいや、目の前に抱えている仕事だけで、
とても楽ちんなんてものじゃないよ…

楽ちんの意味が違います。

働き方の根本的な次元が変わってきています。

当初の頃より、『全社会人個人事業主化』を掲げていますが、
コロナで一気に加速された感が、本当に強く感じています。

別に、稼ぎ方とかだけじゃなくて、
昭和、平成の常識が、令和になり、コロナがきて、
全て書き換えられている最中って感じです。

浦島太郎になれば、二極化の下流は決定です。

どうせなら、皆さんと共に、上流へ行きたいものです。

追伸

自分で言うのもなんですが、チームMの方々は、
とても良い経験をしていると思います。
なんせ、放任主義なので、皆さんの自主性に任せて、
私は、適度に偉そうに口をはさんでいるだけ。

自らの頭で考え、仲間とどうプロジェクトを成功へと導けばよいのか。
どう人を巻き込んでいけば良いのか。
とてもよい経験になっていらっしゃるのではないかと。

(今は募集してません…悪しからず。)

————————————————————–

適正な外国人人財活用についてご関心のある方は、
以下、無料メルマガのご案内からどうぞ。
なお、メールに不慣れな方の為に各SNSからの配信もご用意しています。

対象:受入企業側、業者側(国内、国外問わず)、士業など業界関係者

★メルマガ/LINE
笑顔になりたい、笑顔に囲まれていたい方向け。  『NEXT STAGE ~切磋琢磨~』無料メール配信登録    対象者:受入先、監理団体、登録支援機関、送り出し機関、士業などの業界関係者全員。   注:メール配信が、受...

————————————————————–

コメント

タイトルとURLをコピーしました