技能実習、特定技能関連のアップデートメールが、いったいどれだけ助かっているのか

受入企業向け

最近、いつものごとく、ロクに宣伝などしていないアップデートメール。

コレは解体新書企画の中で、
いや、その前の、next stageからお送りし続けているモノ。

当時は毎日のように、日々チェックしてお送りしていました。

今ではカバーする範囲が膨大になり、
かつ、毎日送られると嫌気がさすかと思い、
毎週一度、まとめて一週間分をお送りする流れになっています。

コレ等が、どれだけ現場対応している方々の助けになっているか。

痛い目を見たことの無い金だけの亡者には、
この大切さはわからないことでしょう。

逆に、現場で散々ご苦労されていらっしゃる方々は、
このまとめ情報の定期配信が、どれだけ助かっていることか、
計り知れません。

(もはやイチイチ誰も言ってくれないので、自分で言ってみた。笑)

もちろん、見ていられないほどのボリュームになってしまっているので、
せっかくお送りしても、消化咀嚼しきれていないだろうなぁと感じる部分もあります。

だけど、
プロならば、受入当事者ならば、
知っておかねばならない情報しか、取り扱い、列挙して配信してはいません。

こんなマニアックな私が、
毎週ほぼ、一日がかりで、
法務省、厚労省、入管庁をはじめ、
様々な公的一次情報を、この業界に必要な部分だけ抜粋チェックして、
一通のメールにまとめてお送りしています。

ただただリンク先を羅列しているのみならず、
一つ一つのアップデート情報にも、
コレはこういう内容だとか、どこに気をつけるべきではないかなど、
一つ一つコメントまでふっています。

実際、業界人ならば、
日々、自身で、膨大なHPの数々をチェックしていれば良いことですが、
毎日、何時間もチェックの為だけに費やしていられない。
特に、今は、アップデートチェックだけでも、とんでもない情報量。

また、そのアップデート情報から受け取る内容も、
私なりの解釈も指摘するポイントも、
お互い人間なので、見方が違えば、その意味合いも大きく変わる。

私はこう思ってお伝えしていますが、
もしかすると、アナタが改めてそのアップデートをチェックして咀嚼したら、
また違うポイントすら見つけられるのかもしれない。

そもそも、私がチェックして、ピックアップする情報と、
アナタが重きを置く情報とは、微妙に違っているのかもしれない。
(誰か、私にもアナタなりの視点や重視すべきポイントを教えて~苦笑)

特に、このコロナの中で、
私なりの前説まで、毎週、様々コメントを寄せている部分も、
世情がどういう動きになっているのかを、
多少なりともキャッチできているのかもしれない。

私も活動原資が稼げないと、
継続できないこともあって、
アルバイト代は頂戴していますが、
そうとうお安く提供しています。

解体新書企画では、全コース必須で付いてきますが、
このアップデートメールだけは、
単体売りもしています。

個人的には、どうせなら、解体新書企画へご参加いただければ、
そのほうがメリットが高いと感じてはいますが、
そもそも、解体新書企画自体は、
ご参加にめんどくさいハードルを設けていることもあり、

ただただ、公的一次情報が欲しいというだけの方には、
ストレスでもあるので、
アップデートメールだけ単体での提供もしているワケです。

レジデンストラックにトライする方も少なくないようですが、
おそらく、一組織、一担当者だけでは、カバーできる範囲は、
限られています。

こんなとこまでチェックせねばならないなんて、
想像できないところで、躓(つまづ)くことが多々ありそうです。
(レジデンストラックなどは外務省や、各国大使館情報まで関係してきますからね)

また、ついバタバタしていて、
肝心要の情報も、見逃してしまう場合もアルアルで、
そういうときの忘備録的、防&忘チェック機能もあります。

この業界の激動の今、情報チェック漏れは、
死活問題です。

一つ抜けていただけで、不可逆的に取り返しのつかない大ポカにすらなりかねません。

この業界、
全ての選択、決断の源となるのが、公的一次情報です。
コレ等が全ての大きな判断根拠となっているから。

くれぐれも見落とさないよう、
お気を付けくださいませ。

何度も言いますが、ご自身で都度、チェックし続けていられれば、
不要なものかもしれません。

ご関心のある方は、以下、どうぞ。

あ、ちょうど解体新書企画も現在、募集中なので、
両方とも列記しておきますね。

解体新書企画のご案内
https://www.gaikokujin.link/member/cf/5q

アップデートメール単体でのご案内
https://www.gaikokujin.link/member/cf/1p5y4

追伸、
たまたま先日あったことですが、
レジデンストラックの誓約書の必要不可欠な理由について、
こう書いて出したら通った…などの口コミ情報提供ネタなどは、
解体新書企画の中でしかシェアされてはいません。
悪質ブローカーなどに悪用されるのもしゃくですからね。

このようなあまり広く口外すべきではないモノも、
たまに出てきます。
会員さんだけがわかっていることですが。

注:いずれも、以下無料メルマガ登録者を、有料会員向けに、
  カテゴリー切り替えして配信しているものなので、
  未登録の方は是非どうぞ。
  (大変恐縮ですが、アップデートメールはSNS発信はしていません)

————————————————————–

適正な外国人人財活用についてご関心のある方は、
以下、無料メルマガのご案内からどうぞ。
なお、メールに不慣れな方の為に各SNSからの配信もご用意しています。

対象:受入企業側、業者側(国内、国外問わず)、士業など業界関係者

★メルマガ/LINE
笑顔になりたい、笑顔に囲まれていたい方向け。  『NEXT STAGE ~切磋琢磨~』無料メール配信登録    対象者:受入先、監理団体、登録支援機関、送り出し機関、士業などの業界関係者全員。   注:メール配信が、受信側...

————————————————————–

コメント

タイトルとURLをコピーしました