コロナを利用して、次のステージへ…!

この記事は4分で読めます

反省…説教など、誰も聞きたくないですよね。

意外と言葉通り、
自分へ言い聞かせているつもりで書いてることは多いんですが、

あーしろ!こーしろ!
そういわれている感覚って、
楽しくない。

そうそうって、あるある共感や、
新たな気付きや学びがあるほうが、
より楽しいと感じられるものですが、

教えてもらえるという伝わり方と違って、
上から言われている感は、
面白くない。


コレ、書いてるほうも面白くない。苦笑

なんでしょうね、
知らずとそうなっていた感があり、
我ながら、求めすぎる姿勢になってしまっていたのかなと。


自分の為とか言いつつ、
相手のことも考えて書いていること自体が、
実は自分の為になることなので、
こんな反省テイストになっています。汗

たまたま今回は、そんなおセンチな気分なの。苦笑


さて、愚痴から入ってしまいましたが。

たまたま、SNSをチラッと見ていたら、
共感できるコメントがありました。

たぶん、皆さんも同じ感想ではないかと。

実際に、コメントの一部を転載してみます。
そのほうが早い。

ある建築会社の社長さんのコメント。





基本方針として接触は基本的に避ける。
でもできる限り経済活動は止めない。 
 
なぜなのか。
 
命最優先に考えたときに
まず感染者を極力増やさないことですが、
特に高齢者や基礎疾患がある方に
感染が広がらないことが必要。 
 
でももう一つ考えなければいけないことは、
経済が止まると企業の倒産が増えます。
倒産と自殺者の関係は明確。
おそらくこのほうが多くなると予測します。
 
 
以上から
 
「接触を避けつつ、なるべく経済活動をおこなうこと」
 
という方針になります。
   
 
【ほぼ無料でできる効果的な対策】
で、この方針を踏まえて○○建築で実際に行っていくことを話していきます。
扱うソフトに関しては、ほとんど無料でできることです。
 
各場所に何らかのインターネットの回線と
パソコンやスマホがあることが前提になります。
 
 
①在宅勤務
WEB会議やクラウドサービスを積極利用できれば
意外なほど出来てしまいます。
○○建築ではもともとリモートワークが進んでいたので
これは楽にできます。
慣れていない場合はおすすめのツールがあるので検討してみてください。

推奨のツールは・・・
↓ZOOM
https://zoom.us/jp-jp/meetings.html
社内でWEB会議できます。
 
↓グーグルクローム
https://www.google.com/intl/ja_jp/chrome/
ネット回線さえあればデバイスを選ばず仕事ができる
 
↓グーグルクロームリモートデスクトップ
https://remotedesktop.google.com/access
会社のパソコンを動かしたいときに 
 
↓グーグルスプレッドシート
https://www.google.com/intl/ja_jp/sheets/about/ 
別々の人が同時に編集できるエクセルのような物
  
 
②WEB集客
リアルな見学会を行わない。
インスタ・FB・PPCなどでアクセスを集め
ラインで個別相談→ZOOMで家造りの相談。
 
推奨ツールは・・・
↓各種SNS(インスタ・FB・グーグル)
人に会わないで情報発信 
 
↓ライン(ビジネス用自動応答可能なもので月2980円~)
https://linestep.jp/lp/01/plan.html

簡単な相談ならこれで十分できてしまう。
 
↓ZOOM
https://zoom.us/jp-jp/meetings.html
会わないで打ち合わせできます。 
 
 
③出社ルールの徹底(現場の職人さん以外はそもそも出社しないこと)
出勤前に必ず体温を測る。
図った体温をラインで会社に送る。
体温が上がっていなくても少しでも異変がある場合は
会社に報告して自宅待機する。
 
推奨ツールは・・・
各家庭に体温計
 
グループラインをつくる
体温の報告をお互いに楽にできるように
 
  
④現場も人に接触しない
現場の連携・打ち合わせはすべてZOOMで。
監督も協力業者さん・大工さんもZOOMでできることはすべてZOOMで行うこと。
接触する場合は距離を取り換気をし、
マスク着用で消毒を行うこと。
 
マスクがない場合は医療用マスクが手に入るようです。
一つ160円でまとめて購入しないと行けないので最低40万円から。
○○の地域で興味がある方はご連絡ください。
 
 
⑤中規模の会議打ち合わせなどもすべてZOOM
50にんでも100人でもZOOMでできます。
最初に慣れは必要ですが、やれば出来ます。
 
100人以上は有料版に切り替え必要
https://zoomy.info/account_upgrade/
切替方法です↑ 
 
  
やり方がわからない場合はユーチューブで
「ZOOM登録方法」
「スプレッドシート使い方」
 
とか調べれば何でも出てきますよ。
 
 
⑥ストレス対策としてZOOM飲み会
家から出れない、人と会えない、話ができないのはストレスになりますよね。
自宅でつまみと飲み物用意して気軽にZOOM飲み会ができます。
有料アカウントなら時間無制限で人数も自由。
WEB会議に慣れるためにも有効ですよ。
 
やってみたいって方はメッセージくださいね。
 
飲食店は大変ですが逆に頭を切り替えて出前を始めるとか、
免疫力アップのメニューを作るとかして
ピンチをチャンスに変えて乗り切って欲しいなと。
 
 
成功者は悲観的に準備をし楽観的に対処する。
失敗者は楽観的に準備をし悲観的に対処する。
 
 
みんなでこの世界的なピンチをチャンスに変るように
何ができるのか考えて行きましょう!



素晴らしい。

実は、私も近々ネット飲み会をやろうとしていましたが、
やはりみんな考え付くことは同じなんですね。苦笑
事実、そんな動きもけっこう増えてますよね。


飲み会も仕事と同じで、
移動コストと移動時間、
さらには場所代を考えたなら、
よほど安くできます。

自分でできること
=自分で自分が好きなお酒やつまみを買ってくるのは、
今のコロナ下では、お財布にも優しくてちょうど良いのでは。


この建築会社さんのように、
リアルで対面せねばならない局面では、
ちゃんと気をつけましょう。

不要不急であれば、
代替策でしのぎましょう。

至極、常識的なことをおっしゃっています。

そして、実行していらっしゃいます。


ちなみに、その後のコメントで、


最近zoomばっか。
 
これに慣れると戻れんかもな・・・


と言われてました。

人間、環境に順応する能力があります。

利益を最大化する宿命も負っている会社経営者であれば、
コロナ騒動が終息した後も、
オンライン活用は続くものと思われます。

つまり、
普段は出社が当然で、イレギュラーな場合だけネット対応可だったのが、
普段は出社不要で、たまには顔を突き合わせる時間も大切だからと、
イレギュラーで出社を求める。
*別に会社に来ちゃいけないワケじゃない。
 ただし、そのコスト負担は要検討。。。

そんな流れになっていくのではと。

移動コスト、そこに費やされる時間。
計算してみると、けっこうとんでもないコストになります。

あながち…って気がします。



コロナ自粛期間も、いましばらくは続きそうなので、
息抜き対策も、理屈じゃなく、必要です。

また、
運動せずに引きこもりになるので、
長い期間引きこもっていると、
カラダに支障が出てきます…若い方々はたぶん大丈夫ですが。苦笑

定期的な運動も必要です。
ここ数年の引きこもり経験者の言葉です。笑

ネット飲み会なのか、
ちょっとした運動なのか、

色々自己管理しながら、
どうせなら、これを機会に、
いっそレベルアップしてしまいたいものですねー


————————————————————–

適正な外国人人財活用についてご関心のある方は、
以下、無料メルマガのご案内からどうぞ。

対象:受入企業側、業者側(国内、国外問わず)、士業など業界関係者

https://gaikokujin.link/blog/?page_id=1022
————————————————————–

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Amazon kindle 出版リスト

知りたいキーワードで検索してみてね。

カテゴリーごとに記事が探せます。

スポンサーリンク

2004年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

人気記事一覧

おすすめカテゴリー記事

リリースサービス一覧

有料、無料とも、以下の、ページにまとめてみました。

ご参照ください。

リリースラインナップ