みんな、直視していない現実について書いてみた。

お金

コチラの読者の方は、かなりコアでマニアックな方も多そうで、
たまには耳(目)から血がでちゃうくらいの厳しい意見を。苦笑

つか、正に私、特にこのブログでは、
読者に”優しく”寄り添うばかりじゃなく、笑
好き勝手、言いたい放題、書いちゃうときもあるコトを、
(いや、ほとんどかなぁ)
ご容赦くださいませ。

…付き合いたくない人とは付き合わない。
カネカネ言う人とは一緒に働きたくない。

業界ドハマりしている方は特に、
こういう方が少なくないのですが、
さりとて、そんな方もメシを食わねば生きてはいけない。

大半は、
付き合いたくないけど、
食うために付き合っている方がほとんど。

言ってることと、
やってることが違う。

言語化すると、
自分にとって価値観の合う人とだけ付き合いたいのに、
そんな付き合い先を見つけて自分が選ばれるだけのことをしていない方がほとんど。
出来ていない方がほとんど。

それは、
自分にとって『価値観の合う人』ではなく、
自分にとって『都合の良い人』とだけ付き合いたいという
現実と向き合えていない人だとも言えそうです。

もしくは、
これが現実だと諦めて逃げてる人とも言えます。

また、もしかしたら、
それは自分の仕事じゃないと思っている人もいるのかもしれません。

…なんだか、自分がブサイクなのに、
(見た目じゃなく、中身のブサイクって意味です。汗)
何の努力もせず、イケメンや美女と付き合えない自分を嘆いているのと、
同じことなのかもしれません。

見た目イケメンやキレイなオネーサンと付き合えても、
いつも騙されちゃう、性格悪い人が多くて、
食い散らかされてしまう…と嘆いているとも言えます。

ハードボイルドなことを言いたいんじゃなくて、
根性論も求めていなくて、
ただただ、やり方を知らないだけ。
やり方を探さない、探せないだけ。
思いつかないだけ。

だから、このままじゃダメだと思いながらも、
どうしていいのかわからぬまま、
今、目の前にあるコトをこなし続ける毎日。。。

私は私なりに、ずっとヒントや答えそのものをお伝えし続けているつもりではあるのですが、
やはり、改めてこう言われると、わからない方がほとんどなのではないかと。

付き合いたい人とだけ付き合えるようになるコツ、
安近短ではないけど、ホンモノになりたいコツ、
そりゃありますよね。

だって、そうやって生きてる人は少なからずいらっしゃいますから。

簡単に例をあげれば、
私みたいにやってみればいい。

あ、もう一つ、
今付き合っている人との関係性をステージアップすれば良い。

一言で言うならそんな感じ。
でも別にマネしなきゃできないことでもありませんし、
私とは違うアナタなので、
やり方はアナタ自身にしか見つけられない。

切り口は違うけど、昨日の結論と同様。

マネから入るのも良い。
やってみて気づくこと、
わかることもたくさんあるから。

実際、発信し続けてる人も増えてるし。苦笑

ちなみに、
誰もがお金使いたくない人ばかりでしょうから、
やっぱり自分で探してみてください。苦笑
自分なりの道を。

それまでは、
私もたぶんそうだったように、
食う為に、やりたくない仕事をしてください。
探し出せない方は大変残念ですが、食う為のストレスフルな仕事を死ぬまでやり続けてください。
皮肉でもなんでもなく、それが、誰もが直視したくない、厳然たる事実なんです。

私なりの経験からは、
自分で自分なりの道を見つけるにせよ、自分一人じゃそう簡単には見つけられません。

また、その手前や途中で、
何度も自分自身と向き合って対話し続けねばなりません。

私自身こそ、まだまだですが、
頑張ってホンモノになってください。
(いつも通り、私自身に言ってます。)

もっとホンモノが増えて、
仲間内だけでもちょっとした経済圏を構成できれば、
またメッチャストレスなく楽しく、
今までできなかったステージでの仕事もたくさんできるようになるので、
本気で増えたらいいなぁ〜と願っています。

何かご質問やご相談があれば、
私でお応えできることなら、喜んで。
その代わり、耳から血がしたたってしまう返信になっても、怒らないでくださいね。汗&苦笑

————————————————————–

適正な外国人人財活用についてご関心のある方は、
以下、無料メルマガのご案内からどうぞ。

対象:受入企業側、業者側(国内、国外問わず)、士業など業界関係者

★メルマガ/LINE
笑顔になりたい、笑顔に囲まれていたい方向け。  『NEXT STAGE ~切磋琢磨~』無料メール配信登録    対象者:受入先、監理団体、登録支援機関、送り出し機関、士業などの業界関係者全員。   注:メール配信が、受...

————————————————————–

コメント

タイトルとURLをコピーしました