外国人労働者業界で成功したかったら、まずは環境を変えよう

この記事は3分で読めます

昨日と真逆のことを書きましょう。苦笑

勉強なんかしていられない。
そんな精神的ゆとりもない、時間もない。

経営者は、孤独なことも相まって、
誰にも気軽に相談したり、
意見交換できる機会がない。

業界がわかっていない方にお話しても、
その苦悩はわからないし、
社長って大変だよねと、傷をナメあうだけで、
まったく生産的な会話など生まれにくい。


一従業員なんて、
日々山のような作業量をこなすのが精一杯。
法なんて調べているゆとりなんかない。

まるで仕事に家事に自分の時間なんか取れない、
子育て真っ最中の女性のような方も、
たくさんいらっしゃると思われます。


ならば、
どれだけ効率的に効果的に経済的に、
(どれだけ早く楽に安く)
欲しい意見を欲しい人からもらうか、
身につけねばならない知識や経験を最短で進むか。


人はすべからく、そう考えがちです。


でも、どの道が最短なのか、
誰も教えてくれません。
誰もアナタだけのために、
手取り足取り寄り添って教えてくれて、
正しい道へと導いてくれません。


自動的にスーパーマンへと成長するエスカレーターなど、
現実にありはしません。



さぁ、どうしますか?


そう、環境を変えることがイチバンです。
別に引越しとか、転職とか、
模様替えとか、
ここではそういうことを言ってはいません。


じゃあ、環境を変えるってどうすれば良いでしょう。



個人的におススメしたいのは、

付き合う人を変えること。


別に悪いこととは思いませんが、
今までにたまたま縁があった人とだけ付き合っている生活って、
楽しいですか?

最初の頃は、どんな人かなぁ、
何を考えているのかなぁ、
色んな話をしますが、
だいたいその人の思考パターンや生い立ち、
クセなどわかってきたら、
後は同じ話の繰り返しになっていませんか?

逆に、
今まで出会ったことのない人と
色々お話してみるコトって、
自分にはない考え方に触れたり、
違うフィールドで頑張っている姿を垣間見て、
楽しいとは思いませんか?

直接リアルでいきなり会うのは、
何かと気遣いやストレスも感じがちですが、
ネットを通しての前段階があると、
それもまた、ソフトランディングで、
会う前に嫌だったら会わなければいいってなりませんか?


そして、どうせならと、
こういう流れになっています。


自分と価値観の合う仲間と巡り合うコト、
その仲間と切磋琢磨すること。

そういう場に、自身を置くこと。


自分の疑問が解決され、
他の仲間が気づく疑問も解決され、
それすら自身の糧とする。


今の時代は、それを可能としてくれます。


もしアナタが、私と考え方や姿勢、
目指している方向性など、
共感していただけたり、

様々なメッセージを通して、
当方に信用や信頼をお寄せいただけるのであれば、

その場(環境)を提示することが可能です。


先日のプチお茶会で、
業界一年目の方が、モノの見事に、
10年選手とも堂々渡り合えるだけの業界人に、
成長された方とお話しできました。


こういう話をするのは、
とても自意識過剰で手前味噌なので、
正直、どうかとは思うのですが、

やっぱりアナタへ伝えたい。

マジメにコツコツ目の前の業務に取り組んでいながらも、
勝手に生まれるコミュニケーションや、
勝手に届く珠玉の情報。

気づいた時には、会話に参加する。


もちろん、その方の不断の努力の賜物だと思われますが、
それでも、
この場に参加して、もまれているだけでも、
加速度的に必要な知識や経験のみならず、
空気感、肌感覚、考え方、モノの見方、
色んな目に見えない、でも本質的にとても大切なコトを、
自然と自動的に身につけてこれたのではと思います。


リアルお茶会などでは、
とても貴重な体験価値すら提供しています。

つまり、リアルで共に頑張っている仲間に会えて、
より刺激を受け励みになるという、
プライスレスな時間でした。

来週はSkypeお茶会です。
今から楽しみにで仕方ありません。笑


今は、こういうことが、
実現可能な時代です。

そして、アナタも、
そういう環境、場に参加することが、
ある意味、おカネでも買える時代なんです。


時間が無くても、自ら隙間時間を創り出したり、
精神的にゆとりが無くても、
精神的に励まされ、刺激を受け、
よし頑張ろう、くよくよしてるヒマなんかないと、
前向きに背中を押してくれます。


そういう環境に日々身を置くということは、
かけがえのない自身の成長へと、
エスカレーターのごとく、導いてくれます。


いつも申し上げていますが、
どこまでも自分次第ですけどね。

エスカレーターがゆっくりゆっくり進むのか、
高速で進むのかは、本当にアナタ次第。



人は弱い生き物なので、
周りの影響を大きく受けます。

子供の頃は誰だって、
小中高は、自動的に環境が変わります。

でも大人になったら、
自分で自分の環境を変えないと、
誰も変えてはくれません。


自分のお尻を無理のない範囲で蹴っ飛ばすためには、
環境の、周りの、場の力を利用するのがイチバンです。笑


それもこれも、
一歩を踏み出せるかどうかが、自分次第でもありますけどね。

会社と一緒。
実際に入社してみて、違うと思えば、
やめて次を探せばいい。

でも、実際に入社して働いてみないコトには、
その会社の良し悪しは未来永劫わからない。


勉強することは大事です。
でも、それは机に向かうコトばかりではありません。

寝転んでスマホをいじっていることだって、
立派な勉強といえます。


場所と時間を超えて、
アナタも仲間になりませんか。




————————————————————–

適正な外国人人財活用についてご関心のある方は、
以下、無料メルマガのご案内からどうぞ。

対象:受入企業側、業者側(国内、国外問わず)、士業など業界関係者

https://gaikokujin.link/blog/?page_id=1022

————————————————————–

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

外国人技能実習制度 記事アクセス トップ50 vol.1

外国人労働者のイチバン安い受入手法: ~特定技能~必要最低限のケアとは (ミニレポート)

カテゴリーごとに記事が探せます。

スポンサーリンク

2003年1月
    10月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

おすすめカテゴリー記事

リリースサービス一覧

有料、無料とも、以下の、ページにまとめてみました。

ご参照ください。

リリースサービス一覧