本質(生き方)

本質(生き方)記事一覧

  1. 特定技能、技能実習制度事業の新たなビジネスモデル?

    なんかこう、仕組みだけ考えるニワカビジネスが多くなってきている?(いつものごとく、自分自身に言い聞かせています)悪い企業ばかりだから、その選別を事前にしてあげるから手数料くださいね。

  2. 外国人労働者の問題各種はナゼ起こり続けるのか?

    いつも問題を解決したがる性格の私にすれば、問題が起こり続けるのが、我慢ならない。

  3. 技能実習生の受け入れの是非はココで大きく変わる

    今回は最初から答えを。監理団体、いわゆる協同組合の立ち位置次第。監理団体の立ち位置が変われば、送り出し機関の立ち回りも、受入企業のポジション意識も、大きく変わります。

  4. 特定技能、技能実習制度ビジネスを成功に収めるコツ

    監理団体、登録支援機関(有料職業紹介)、送り出し機関、それぞれにビジネスで取り組んでいます。でないと自転自走や自組織(スタッフ)を守ることなんかできやしないし。でも、上手くいってるところばかりじゃありません。

  5. 外国人労働者業界にブローカー排除は必要なのか?

    表面的に見れば、右から左で搾取しているケシカラン輩としか見えないのでしょうね。そして、これらブローカーが幾重にも群がっているからこそ、外国人労働者が借金漬けで可哀そうなことになっていると。

  6. 法が排除を目指すべき悪質な仲介業者とは

    どこかで当方への暗に批判的なコメントを拝見しました。メルマガやチャットワークで数万円取る人がいて、日本やばいなと思われているようです。

  7. 入管、機構、JITCO、労基、中央会、また担当者によってナゼ返答がそれぞれ違うのか?

    よくお役所に問い合わせると、アッチではこう言われ、コッチではこう言われ、どうしたらええねん!?と、振り回され感を味わいます。さらには、あの地域ではこう言われてOKだったのに、この地域では全然ダメだったとか。

  8. 外国人技能実習生のあるある問題、アナタはどう解決しますか?

    よくあるお話なんですが、ある受入会社でトラブルが発生しました。ある実習生から、帰国しますと連絡がありました。いきなりどうしたと、監理団体側の職員は驚きます。

  9. 働き方改革と外国人労働者と全てのベクトルは生産性向上必須社会へ

    ある記事を見ていたら、中小企業にとっては、ホントにこれでもかと言えるほどに、真綿で首を絞められている実情が書いてありました。

外国人技能実習制度 記事アクセス トップ50 vol.1

外国人労働者のイチバン安い受入手法: ~特定技能~必要最低限のケアとは (ミニレポート)

カテゴリーごとに記事が探せます。

スポンサーリンク

2019年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

人気記事一覧

おすすめカテゴリー記事

リリースサービス一覧

有料、無料とも、以下の、ページにまとめてみました。

ご参照ください。

リリースサービス一覧