特定技能で稼ぎたいなら勉強せよ!

この記事は4分で読めます

稼ぎたいなら自分も勉強しろ!
(自分に言い聞かせています)


特定技能が開ける扉とは、
日本で過去になかった市場です。

新規参入を考えている人たちは、
おそらく星の数ほどいらっしゃることでしょう。


昨日とは少し違うニュアンスですが、
最近、長年の業界経営者の方々からご相談をいただきました。

実は経営者の方に、
そこそこいらっしゃる感じがしてしまうのは、

ろくに公開資料など精査せず、
読み込んでも読解力がなく、
わかるまで何度も読んでみることもせず、
国の思惑、業界の向かっている方向性について、
アレコレと周りの考えを聞きたがる方。


今までの経験上、色々な考え方の中で、
さすがにご自身としてのご意見はあるようですが、

想像力や分析力、いわゆるリテラシーのない方が、
実はかなりの確率で多くいる。


人によっては、考えてもしようがないから、
成り行きに任せると割り切っている方も少なくない。

ある意味、それも正解なのかもしれませんが、
お客さんに相談されたら、どうするのでしょうね。

同じことが言えるのでしょうか。

お客さんも見破ると思うのですが。

他の様々な営業会社がこぞって電話、メール、ネット、DM構成していることでしょうね。
(こういう時もキチンと相手をグリップできてるかどうかは問われますね。)




勘違いしないでいただきたいのは、
人の意見を聞くことが悪いということではありません。
むしろ、とても大切だと思います。

私も…ご相談いただくことで、
その中から、様々な気づきや学びを得ることもとても多くあるからです。
(そういえば、お役所以外、他人に相談したことなかった…汗)

資料を読み込むことですら、
誰かからの説明を聞いているに過ぎないのですから。


でも、
それも自身の中で、信念というか、
色々予習や復習をしてきたからこそ、
見えることがあったり、
読める流れがあります。


つまり、
自身の中に何かこう中身が無いことには、
人の意見を聞きまくっても、
あまり意味はないと思うのです。


その人がいくらどういうことを言おうが、
判断し、言動にうつし、
結果責任を負い、受益者負担し、受益者利益を得るのは、
ほかならぬ自分自身です。


ここがわかっていないと、
人の意見に振り回され、

実習生や留学生のように、
送り出し機関や組合や受入企業に騙されたと騒ぎたてることになります。




余談ですが、
逆に、
自分の今までの知識や経験にあまりにも自信満々すぎて、
身勝手な根拠からくる憶測を、
確定話かのごとく話する人もいる。

その路線で進んだ後、
ヒドイ事態に陥り、
完全に自身の判断が誤っていたことが後でハッキリしたとしても、
謝りもせず、
国や周りのせいにして、
振り回してどれだけの巻き込み被害や迷惑、不幸を量産しても、
知らんぷり。
いやいや、自分の非など認めたものなら、
自分が責任を負わされ賠償など請求されてしまうと言わんばかり。

そういう輩もたくさんいます。
外国人も日本人というだけで踊らされて、
大金をつぎ込むような人も少なくありません。


全く情け無い。

いや、もちろん、リスクを背負っての事業ですから、
当然の判断も確かにありますので、
話は分からないでもないのですが、
あまりにも、
風が吹いたから桶屋が潰れるだけで終わらず、
大迷惑を撒き散らすリスクすら想像に至らないのであれ…と、
ついつい口をはさんでしまうばかりです。




業界常識のあるほとんどの方々は、
振り回すほどの具体的な動きはしませんが、
そういう方であっても説明会などへ参加するのが精いっぱいで、
どうも考え方が浅い。

業界的な背景や現実、歴史からくる流れも読めない方が多い。


一場面ごとのトピックに対して、
良いの悪いのは言える方でも、
全体像を俯瞰的に見える方は、
ほとんどいない。

まして、
実は片方しかできないプロの方もとても多い。

技能実習一つとっても、
自身が経営する監理団体のことしか知らないプロ、
=送り出し国のことや送り出し機関のことなど、
自身の守備範囲外とろくに知ろうとも考えもしない方、
今までの自身の経験以外に、知見を広め深めようとしない方、

留学生のプロ、
申請取次のプロ、
ベトナム送り出しのプロ、
フィリピン送り出しのプロ、

色んなプロがいるけど、

二つ三つ見えてるような人は、
ほとんどいない。


自身が今まで結果を出し続けたとの自負が強く、
経験が十分だと思い込んでいるのか、
二つ三つ四つ五つと、領域を増やしていこうとする人は、
ナゼかあまりいない。


二つ三つと複数見えたほうが、
比較対象事例が増え、
より新たな一つが見えるようになると思うんだけど。



。。。



つまり、
ただただ、資料を読み込んで、
ああだこうだと考えることも大切だし、
資料さえ読めば、
法さえ理解し把握できれば、
稼げるようになるなんて安易なことを言いたいワケじゃない。


スポーツと同じ。
サッカーでも野球でも、
ルールを知っておくことは最低限。

そのうえで、どう戦略を練るべきか。

相手チームも研究するし、
そのスポーツでどういう戦略がとられていると勝てるのか。
どういう選手を取ればいいのか。
どうやってチームをまとめ上げれば良いのか。
一人ひとりのモチベを上げるためには、どう仕向ければ良いのか。

フィジカルコーチ、
メンタルコーチ、
食事マネジメント、
環境整備、
グッズ販売、
プロモーション…
やれることをどれだけやれるかで、
ゲームの結果や稼ぎは大きく変わっていきます。


稼ぎたいんでしょ。

勉強しましょうよ。


アレもコレもなんて大変?

楽な仕事なんてあるわけないじゃないですか。笑

楽な働き方改革なんて、あるわけないじゃないですか。

遊びじゃないんでしょ。

真剣勝負なんでしょ。

アナタの今までの経験が、
いったいどれだけ役に立つと思ってるんですか?

まったく新しい時代に、
今までになかった新しいステージで、
どうすれば羽ばたけて稼げるのか。


今時、価格競争しますか?

外国人かのように詐欺行為でもしますか?

面倒くさいからヒト(労働者)じゃなくモノ(労働力)としてしか見ずに、
相手がいいって言ってんだからと、
行きつく結末は当事者責任だと、
先々整わないからと、入口だけでビジネスしますか?

儲けたいなら、
稼ぎたいなら、


失敗したくなかったら…


————————————————————–

適正な外国人人財活用についてご関心のある方は、
以下、無料メルマガのご案内からどうぞ。

対象:受入企業側、業者側(国内、国外問わず)、士業など業界関係者

https://gaikokujin.link/blog/?page_id=1022

————————————————————–

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • 西の監理団体職員
    • 2019年 3月8日

    さて、特定技能にだれがなるのか。。。


    外食、宿泊、(介護)→ 実習生ができない分野だから、急いでいるんでしょうね。

    なぜ4月なの? → 留学生で卒業して、仕事が決まっていない人をとりこみたいから?

    留学生って雇用できるの? → ほとんどの留学生が工場で働きたくないって言ってますけど。
                   (とにかく在留VISAが欲しい賢い中国人は、何でもありなんだろうけど)
                   必然的に、留学生は、外食と宿泊に流れちゃう?

    賃金はいくら? → 留学生卒業生が最賃(日本人と同等以上だけど)で働くと思います?
              アルバイトの時に無茶苦茶稼いでたのに。
              日本語のできる留学生と、3年実習修了生と、現地からのN4程度の人が、同じ給料?

    現地から連れてくる? → 技能実習の介護希望者不足って、現地でN4相当を合格しろって言っていることって覚えてる?



    どこに向かっていくのやら。。。

      • 管理人
      • 2019年 3月8日

      おっしゃる通りですね。

      安易に考えて皮算用に踊り狂っている方々に、
      知っていただきたい現実が山ほどあります。

      諸問題は山積し、皆ことごとく、
      見えていない落とし穴に見事にハマっていくのでしょうね。

      わかっている人たちだけでも、
      様々、整うのであれば、
      まともに取り組んでいきたいものです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

外国人技能実習制度 記事アクセス トップ50 vol.1

外国人労働者のイチバン安い受入手法: ~特定技能~必要最低限のケアとは (ミニレポート)

カテゴリーごとに記事が探せます。

スポンサーリンク

2004年1月
    10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

人気記事一覧

おすすめカテゴリー記事

リリースサービス一覧

有料、無料とも、以下の、ページにまとめてみました。

ご参照ください。

リリースサービス一覧