外国人労働者支援業界でキャッチしておくべき情報

この記事は3分で読めます

イチバン大変なのは、現場で一人一人の面倒を見ている方。
目の前の諸問題に直接対峙して解決に向け、頭を悩ませている方。

それは、
外国人労働者自身はもちろん、
受入先の同僚であったり、社長さんであったり、
技能実習指導員など直接外国人労働者に指導する人であったり、
監理団体や登録支援機関などの一職員であったり、
はたまた、受入先や業者側で内勤をする職員であったり、
もしくは、入国後に集合講習などでこれから日本生活を送る外国人労働者に
色々先手を取って、ひとりひとりへ指導する人であったり、
出国前に送り出し機関や日本語学校で教育や躾的な支援をする人であったり。

現場で直面している人になります。

そして、そういう方々であればあるほど、
周りにとっては言い訳がましく聞こえるほど、
忙しいったらありゃしない。

アレもコレもソレも、全部自分で対処せねばなりません。

経営側や、中間管理職的な方も、実は意外と忙しい。

直接現場でアレコレと体を持ってかれることがなくても、
現場で次々に起こる諸問題を、どうやって解決していく体制を
築くべきかについて、頭を悩ませたり、
何か良い方法はないものかと、
アチコチのセミナーへ行ったり、
人と会ったりして、情報収集と解決策の実現に向け、
考え、試行錯誤し、トライし続けている。


み~んな、アレもコレもバタバタしている人が多いようですが、
法などのルールは、世間様は、アナタ一人一人の都合など、
無論、考慮して進んではくれません。

この業界の過渡期という今は、
次から次へと法やルールが移り変わっていきます。

昔はこうだった…という武勇伝などは、
残念ながら、あまり役に立たない。
今のアンテナをビンビンにおっ立てていなければ、
アジャストし続けていなければ、
とてもじゃないですが、あっという間に、浦島太郎です。


いったい、どうすれば解決していけるのか。

私なりの答えは、受動的ではあるものの、
常にビンビンなアンテナを受信できる環境に身を置くことが、
イチバン、無理のない解決策だと思います。

つまり、また私の営業トークみたいにしかならないのですが、
私が提供するアップデートメールです。

なんてったって、待っていれば、勝手に流れてくるのですから。

イチイチ、探しに行く手間は間違いなく省けます。
忙しくて情報がある場所へ毎回毎回のぞきに行かなくても、
まとめて受信できるのですから。

後は、自分の手の空いた時間に、チェックするだけ。


コレだけは、私が小うるさく言い続けている、
面倒なことは一切関係なく、苦笑
機能的な価値になります。


つい先日は、公式発信されている情報だけではなく、
例えば、特定技能で、元技能実習生が、
技能実習時とは違う分野へ転職したい場合、
希望する違う分野のテストに合格しても、
日本語N4要件は、すでに満たしていると言えるのかどうかについて、
今はまだ、お役所も統一見解が公式発表されていないので、
それまでは都度都度確認せねばならないなどの、
具体的なお悩みと現時点での現実的な解決策などまで、
お伝えしていました。


お分かりでしょうか。

思い込みでそのまま手続きを進めていて、
知らなかったじゃ済まない事態まで進めてしまうことほど、
無駄な労力や時間やコストを費やしてしまうほど、
誰もがゆとりもないような時代です。


お役所は、アナタがこの情報を知っておくべきじゃないかと、
カスタマイズして省庁横断的に、イチイチアナタへお伝えしてはくれません。


必要あれば、色々載せておくから見といてね。
載せておいたんだから、知らなかったは通用しないよ。

そういうスタンスです。


それでもなんでも、知らなかった、対応できていなかったは、
全て法令違反であり、経営者だけが処罰されるのではなく、
現場で必死に真摯に取り組んでいる一人一人に、
具体的な処罰が降りかかることがある業界だということです。


元職員の業界アップデートメール
https://gaikokujin.link/blog/?page_id=2153

金儲けの営業だと思う方、
ご自身でちゃんと毎日、アチコチチェックし続けていらっしゃる方にとっては、
もちろん不要です。

でもね、冒頭申し上げたように、
そんな方は、なかなかにいない。

また、これらも予防策として、わずかながらであっても、
イチイチコストを自前で支払う価値を見出せない方もたくさんいらっしゃいます。

だけど、
お一人でもこの意味をご理解いただき、
プライスレスな付加価値を見出せる方にとっては、
ありがたいものではないかと思っています。

なんてったって、現場をやってる自分が欲しいと思うことを、
誰もやってくれないから、自分でやってるだけで、
それらをどうせならばと、もうひと手間二手間かけて、
必要とされる方々へおすそわけ的にお届けてしているだけなのですから。

つか、確かに一通一通配信するのに、
2時間から3時間かかって、アチコチ調べ続けているものでもあるのですから、
普段現場にかかっている方々に、そうそう容易にできることじゃないですからね。汗

どこまで何を言っても、手前味噌ですが、
ご入用の方は、どうぞ、ご活用くださいませ。


元職員の業界アップデートメール
https://gaikokujin.link/blog/?page_id=2153


————————————————————–

適正な外国人人財活用についてご関心のある方は、
以下、無料メルマガのご案内からどうぞ。

対象:受入企業側、業者側(国内、国外問わず)、士業など業界関係者

https://gaikokujin.link/blog/?page_id=1022
————————————————————–
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Amazon kindle 出版リスト

知りたいキーワードで検索してみてね。

カテゴリーごとに記事が探せます。

スポンサーリンク

2003年1月
    10月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

人気記事一覧

おすすめカテゴリー記事

リリースサービス一覧

有料、無料とも、以下の、ページにまとめてみました。

ご参照ください。

リリースラインナップ