外国人労働者支援業界は、チームプレーであり個人プレー

仲間

野球とは不思議なスポーツで、
チームプレーでありながら、個人プレーなんだ。

イチローがこんなことを言っていたと誰かが言ってました。
(違ってたらごめんなさい)

チームがあって、経営陣がいて、
フロントがいて、
監督がいて、ピッチャーがいて、四番打者がいる。
俊敏な内野手もいれば、
肩の強い外野手もいる。
ホームランバッターもいれば、バントが上手い選手もいれば、
足が速い選手もいる。

それぞれがチームの勝利に貢献する為に、それぞれの役割を果たす。

この業界も、同じじゃないですかね。

経営陣がいて、司令塔がいて、
募集する人がいて、教育する人がいて、
手続きする人がいて、面と向かってフォローする人がいる。

誰もがチームの一員として、
win-winの為に、それぞれの役割を果たす。

チームとして機能しているかどうかは大きな問題です。

さて、それであっても、
チームプレーではあっても、個人プレーとは、
どういう意味か。

それぞれがそれぞれのポジションで、
役割を発揮するという個人プレーは当然ながら、
最低限、機能していさえすれば、ゲームはできる。

でも、グローブに大きな穴が開いていたり、
バットが極端に短かったら、
ゲームにならない。
(必要不可欠な知識が足りていなかったら何にもならない)

そして、それぞれのポジションでプレーする選手が、
極端に能力が高かったら、
より高い極みを目指して頑張っているとしたら、
チームはちぐはぐになっていく。

そして、優秀な選手はチームからは離れていく。

チームもまた、個人プレーの集合体でしかなく、
どこを目指していようとも、
そこに集う個人個人の働きによって、
ゲームに勝てるかどうかが決まってくるってことです。

個人が輝けば輝くほど、
所属するチームに貢献でき、
またチームすら違うステージに連れていけるってことですね。

もしくは、優秀であればあるほど、
どこかで誰かに見初められていれば、
また違うチームに誘われます。

また、いっそ自分で新たなチームを築くことすら、
考えられることでしょう。

いくらチームスポーツだからと言って、
個人プレーに磨きがかからねば、
自分自身に成長はなく、当然昇給もありません。

他のチームに映り、元先との様々な違いがわかれば、
また自分も大きく成長します。

自身が大きく成長すれば、
周りにも良い影響を多大に及ぼすことも可能です。

つまり、チームを勝たせようと思えばこそ、
個人の成長が欠かせないということです。

以下は、イチローの引退記者会見の動画です。

お暇な方はぜひどうぞ。

以下、私の琴線に触れた言葉を載せておきます。
以下の文字おこしされていたサイトから抜き出したものです。

【全文】イチロー選手の引退会見で、名言だと思った言葉。
2019年3月21日。「この日のゲームを最後に日本で9年、米国で19年目に突入したところで現役生活に終止符を打ち引退することになりました。」イチロー選手が現役引退の会見を行いました。イチロー選手は小学生から野球を始めた私にとって圧倒的存在で

自分が熱中できるもの、夢中になれるものを見つけられれば、
それに向かってエネルギーを注げるので、そういうものを早く見つけて欲しいな。
それが見つけられないと壁が出てくると諦めてしまう。
自分に向くか向かないかというよりも、自分が好きなものを見つけて欲しいな。

僕ら後輩が先輩たちの記録を抜いていくというのは、まぁしなくてはいけないことでもある。

あるときまでは自分のためにプレーすることがチームのためにもなるし、
見てくれてる人も喜んでくれるかなぁという風に思っていた
人に喜んでもらえることが一番の喜びに変わってきた
ファンの方々の存在なくしては、自分のエネルギーはもう全く生まれないと言ってもいい

プロ野球選手になりたいという夢が叶った後は、
そうじゃない野球をまた夢見ている自分が、まぁあるときから存在した
これは中途半端に、プロ野球生活を過ごした人間には恐らく待っていないもの

寒い時期に練習するので、へこむんですよね。やっぱ心折れるんですよ。
でもまぁそんな時もいつも仲間に支えられて

言葉にして表現することっていうのは、目標に近づく一つの方法ではないかな

でも多分明日もトレーニングはしてますよ。

…キリがないのでこの辺で。汗

いや、しかし、本当にイチローは良いこと言う。

カッコいい。


————————————————————–

適正な外国人人財活用についてご関心のある方は、
以下、無料メルマガのご案内からどうぞ。

対象:受入企業側、業者側(国内、国外問わず)、士業など業界関係者

★メルマガ/LINE
笑顔になりたい、笑顔に囲まれていたい方向け。  『NEXT STAGE ~切磋琢磨~』無料メール配信登録    対象者:受入先、監理団体、登録支援機関、送り出し機関、士業などの業界関係者全員。   注:メール配信が、受...

————————————————————–

コメント

タイトルとURLをコピーしました