他を責めるヒマがあるなら、自分を振り返ろう

問題解決

ゴブリンスレイヤーになりたいと思った。

なんのこっちゃ。苦笑

冒険者は勇者を目指して、
クエストを続ける。

勇者は世界を救う。

でも、その影でゴブリンに村が一つ潰され、
人が惨(むご)たらしくたくさん死んでいたら、
ソレは致し方ないでは済まされない。

ゴブリンなんて、ザコキャラで、
冒険者にしたら初心者レベルが倒す敵。
雑兵(ぞうひょう)の類(たぐい)。

それでも、
群れになって数が増えたりしたら、
多勢に無勢。

勇者にはなれずとも、
目の前にいるゴブリンを倒す。
数が増えて大変なことになる前に潰す。
見過ごして群れが増え組織化され、殲滅(せんめつ)するのが困難になっても。

常に策を練り、考え行動し、
鍛えて、機転を利かし、徹底的。
神々にはサイコロを振らせない。

世界を救うことはない。
何かを変えることもない。
どこにでもいるコマの一つに過ぎない。
でも、決して神々にサイコロは振らせない。

平凡な男で良い。
どこにでもいる一山(ひとやま)いくらの男で良い。
でも、サイコロは神々に振らせない。

だからこそ、
その男の結末は、神々にだってわからない。

アナタの心の中にも、
私の心の中にも、
ゴブリンはたくさんいる。
いくら退治しても、次から次へと湧き出てくる。

ゴブリンスレイヤーになりたい。
ゴブリンスレイヤーでいたい。

誰が見ているとか見られているとかでなく、
他の誰でもない、自分が見ているから。

アナタは、
ゴブリンを退治できていますか?
気づかぬうちに、ゴブリン化していませんか?
酷(ひど)いと周りに退治されちゃいますよ。

私は当然、ゴブリンにはなりたくない。
むしろ、内から湧き出るゴブリンを懐柔して、
上手にコントロールできるようになりたい。
ゴブリンはRPGのゲームのように、倒しても倒しても、
エンドレスで湧き出てくるものだから。

だから、私は、ゴブリンスレイヤーになりたい。

以下は、ウィキペディアより。

ゴブリンとは、邪悪な、または悪意をもった精霊である。
ゴブリンとは、ぞっとするような醜い幽霊である。
一般に醜く邪悪な小人として描かれることが多い。

————————————————————–

適正な外国人人財活用についてご関心のある方は、
以下、無料メルマガのご案内からどうぞ。

対象:受入企業側、業者側(国内、国外問わず)、士業など業界関係者

★メルマガ/LINE
笑顔になりたい、笑顔に囲まれていたい方向け。  『NEXT STAGE ~切磋琢磨~』無料メール配信登録    対象者:受入先、監理団体、登録支援機関、送り出し機関、士業などの業界関係者全員。   注:メール配信が、受...

————————————————————–

コメント

タイトルとURLをコピーしました