技能実習制度事業における、JITCOサポートは本当に素晴らしいのか?

この記事は3分で読めます

JITCOサポートをはじめ、
〇〇〇、×××、△△△と、特に書類関係をサポートしてくれる、
システムは、民間でもいくつかあります。

監理団体のみなさん、お使いですか?笑

特に駆け出しの新規参入組など、
あまりよくご存じない方のために、
私が思う、一長一短をお伝えしたいと思います。

といっても、私自身、ロクに使ったことはないのですが、
まぁ、色々な方からお話をお聞きするので、
また聞き程度でお聞きください。汗


まずこういうシステムを使っている方(監理団体)の中で、
大半の方が、JITCOサポートをご活用なのでしょうか。

保険や検定のお手続きもリンクしてできるなど、
JITCOならではのサービスも特徴ですが、
総合的にどう考えるかでしょうね。

基本的には、今やJITCOとの付き合いなくとも、
機構に書類を通し、入管へ自前で申請できれば、
言うほど必要ではないのかもしれません。

その分、JITCOも存在意義を求め、
自前の財源(稼ぎどころ)を作るため、
必死に対応しているようです。

以前の社会保険庁のように、
「いらっしゃいませー」と言っているかはわかりませんが。苦笑


昔、JITCO加盟していて、入管申請前に、
JITCOチェックを通っていないと、
入管でちゃんとスムーズに審査してくれないなどの、
嫌がらせ問題が、まことしやかに流布されたことがあります。

なので、酸いも甘いも分かった団体が、
コスト削減の為にも、JITCOさん今までありがとう、さようならと、
脱退したにもかかわらず、
再加入をお願いする流れがありました。

そもそも、入管とハローワークの天下り先として、
確かにナメた方も多かったりしました。
ナゼ、そんなところへ大切なお金を支払わねばならないのかと、
憤る受入先に、もう税金だと思ってください、スミマセン…
など言っていた記憶があります。

今は昔。


転じて、昔から、民間サービスとして、
競合会社も現れ、今もその根強いファンは少なからずいるようです。


新制度以降、この業界の周辺関連ビジネスとして、
IT系の業者が参入してきたりもしていたようですが、
実現までこぎつけられた会社は、そう多くは聞きません。


それでも、いつの時代も、どんな業界でも、
民間が、行政以上のサービスを展開するものです。

なぜか。

お役所系は、自身が様々な規制や忖度に縛られ、
大胆な決定ができないから。
対応が遅いから。


今のJITCOはそこそこ早そうですけど。苦笑

でも、どこまでいっても、民間じゃない分、
たぶん、本気度でも時間の問題のような気もしています。

昔と違って、システムを作るのも、
そこまでコストをかけずに、煩雑な仕組みを作りやすくなったのもあると思います。


頑張っているところは、応援したくなります。

そうして、もっと監理団体の一職員の業務効率を上げることに
貢献していただきたい。

無駄をもっとそぎ落として、リソースを余らせて欲しい。


大手なんて、独自のハウスシステムをバンバン開発して、
アップデートして、整備しています。

正に、ガラパゴス的進化を遂げ、
他のシステムなんて、お子ちゃまくらいの域に達しているところすら
あるやもしれません。


最近、ちょっと色々考えるところがあって、
こんなシステム系について、
改めてプチリサーチしています。


技術の進歩って、スゴイですから、
かつては到底無理だと思われるようなことでも、
簡単にできるようになっていきます。

RPA的な視点まで、踏み込めたなら、猶更です。

どれだけ煩雑になっても、それ以上に業務効率を上げられるのかもしれません。

また、そう実現できるように進化していかねば、
一監理団体職員が、ただただツラく面倒極まりない仕事にばかり注力させられ、
本当に大切な部分に時間を割き切れなくなったならば、
業界に明日はありません。


ぎゅーんって、高みにもっていけるような、
そんな効率化を目指していただきたいものです。

及ばずながら協力しますので。


アナタのところは、システム、使ってますか?



追伸、
自分はそれほど数多くやってないコトと、
昔から、自前で様々アラートを工夫して、アナログでやってきました。
そのほうが、カスタマイズすることにストレスもなかったし。
でも、今はそういう時代じゃないものと肌で感じています。

————————————————————–

適正な外国人人財活用についてご関心のある方は、
以下、無料メルマガのご案内からどうぞ。

対象:受入企業側、業者側(国内、国外問わず)、士業など業界関係者

https://gaikokujin.link/blog/?page_id=1022
————————————————————–
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Amazon kindle 出版リスト

知りたいキーワードで検索してみてね。

カテゴリーごとに記事が探せます。

スポンサーリンク

2003年1月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

人気記事一覧

おすすめカテゴリー記事

リリースサービス一覧

有料、無料とも、以下の、ページにまとめてみました。

ご参照ください。

リリースラインナップ

本ブログ説明

リリースラインナップ『無料』編

リリースラインナップ『有料』編

求心力マーケティング(+複業(本業B)のススメ)

読者が混乱しそうなので、
別サイトを設けました。
https://124duneroad.com/

当初、外国人労働者の自然と上手な定着化を図るためにアレコレとトライしていたことが、
結果的には、それ以上のモノとなりました。

労働者が、いや顧客が、取引先が、
他でもないアナタとお付き合いしたい…と言わしめるチカラ


求人募集から定着化までのストレスのないスムーズな道のり…
そこから応用された、次世代的な集客や稼ぎ方までをお伝えしていきます。

なお、経営者向けのみならず、
『全社会人個人事業主化』へのマイルストーンともなればと、現場で苦労されているイチサラリーマンの方へも、具体的な稼ぎ方をお伝えするものです。

ご関心あれば、どうぞ、お越しください。