外国人労働者招聘支援業界の健全化のためにできること

この記事は4分で読めます

勘違いしないでくださいね。
個人的な自問自答です。
あしからず、一意見としてご容赦願います。


希望者いますか?

監理団体職員だけの、
送り出し機関スタッフだけの、
特定技能の登録支援機関スタッフだけの、
そんなコミュニティを作ってみるのはどうかと思いました。

FBグループのように、
facebookのアカウントだと、
プライベートと仕事と、
ごっちゃになって、タイムラインとか、
意味わからなくなるのを避けたり、

そもそも実名では言えるコトと言えないコトがあるものです。

無論、作るグループは限定クローズドの設定です。
チャットワークでもない、別物のアプリを利用します。


当然、この限定グループへの参加は
少なくとも名刺を事前にお送りいただき確認できた方だけ。
(あ、当方は管理者として実名確認しますが、
 クローズドグループ内では、匿名アカウントでOKです。)

それは、機能してそうで保証も何もない程度の確認にしかなりませんが、
おそらくそのグループ内で、つぶやいたり、
発信しているコメントの内容で、その発言者自身のレベルも推し量れることでしょう。

内部リークの資料なども常識の範囲内で、
憤りのレベルに応じて、限定公開なども構いません。

監理団体の一職員であれば、
一職員の名刺をお送りください。
専務理事や代表理事にはご遠慮いただきます。
(元職員なども対象にはなるやもしれませんね。)


送り出し機関も同様です。
日本語がろくに話せない場合もあろうかと思われますが、
所属している日本人スタッフを中心に、日本語でのやり取りができる方を対象とします。
無論、外国人スタッフの方もOK。
だけど、基本的には一スタッフだけ。
社長や役員などはご遠慮いただきます。
(こちらも元スタッフなども同様でしょうか。)


あぁ、日本語教師のグループなどもアリかもしれませんね。
こればかりは、愚痴半分、指導手段についての切磋琢磨も宜しいかもしれません。


監理団体側のクローズドグループには、
受入企業はもちろん、送り出し機関もいれません。

送り出し機関だけのクローズドグループも同様です。


そうやって、悪質な監理団体や、送り出し機関を、
当事者同士で情報交換したり、情報共有したりすれば、
必然的に、その監理団体からの提携を持ちかけられたりしても、
上手にフェイドアウトしてお断りすることが出来たり、
提携してからでは遅い事態を回避できることになります。


管理費を支払わない、事前教育費を支払わない、
キックバックしか要求しない、
そんな取引先と提携したがるのは、

これまた日本側からの支払いを全くあてにせず、
実習生候補者からの搾取を分け合うことがビジネスと言わんばかりの、
そういう送り出し機関がくっつくものです。


そういうところがのさばるのも、
まともに取り組んでいる私たちにとっては、
早くくたばって欲しいばかりですが、
そういう輩には、これまた賃金なんて支払わずに最悪は倒産してしまえばいいとばかりの、
悪質な輩が取り巻くばかり。

それらの根絶は、権力のない私たちには到底出来かねることですが、
そういう輩に近寄らずに済むための警告発信と共有については、
あっても然るべきかとも思いました。



とまぁ、ここまで書いていながら、
実際には、このためだけでは、やりません。

なぜならば、
自分たちのことだけ考えてよいものであれば、
今現在で、こんな面倒なことばかり言い続けている
私たちの周りに集まっていただけるのは、
これまた、前述のような悪質なブローカーは、誰一人としていないから。

つまり、
別に私たちの周りでは、
そういった不幸は撒き散らされてはいないということです。

集っていただける方々の周りには、
未だにそういう輩ものさばっている場合はあるようです。
それが嫌でこちらに寄ってきていただけている方であれば余計に。

君子危うきに近寄らずではありませんが、
そういう輩との付き合い自体に耐えられない方々は、
けっきょく、遅かれ早かれ、別のグループへと移り変わっていくのみです。

また、これも類は友を呼ぶ用に、
もがいていれば、なるべくして寄り集まる仲間がいる方へと、
吸い寄せられていきます。

だから、
私たち自身は、特に困ってはいないのですが、
これらに振り回されて、良心の葛藤に悩みくたびれている方々が、
実はまだまだ特に地方に多くいらっしゃるようです。

今の時代、これらの情報格差は、
都会と地方でそれほど大きな差は生まれないハズなのですが、
そこで生きている方々が、これらの格差を埋めようとする意識がない限り、
東京であっても地方であっても、
時代錯誤者はまだまだ健在です。


要は、アナタがしでかしていることは、
決して業界としての裏常識じゃなくて、
れっきとした法令違反であったり、
そもそも人として道の外れたことに加担して、
非道な行為の元に積み上げられた自身だけの利益にふんぞり返っていることが、
どれだけの不幸を量産していることか、
これらを、ぜひとも身に染みて理解させてあげたいと、

ついつい余計なお世話を考えてしまうので、
冒頭のようなことまで、つい考えてしまったりするのです。


コレが、きちんとした行政処分になり、
裁きを受け、罪に対する罰を処せられているのであれば、
ここまで色々考えませんが、

いっこうに行政処分が始まらないし、
それが二国間の国際問題になりかねないから?など邪推をめぐらせてしまうと、

ならば、自分たちの手で、自ら襟元を正す運動を、
何かしらできないものかと、私などは、どうしても考えてしまいがちです。

なんでかって、
同じ目で見られたくないから。

そんなくだらないレベルと、ひとくくりに一緒にされても困るから。

知ってて何もしないのは、
これまた残念で仕方がないから。

私個人は、もういい加減、現場がきつくて避けているけど、
その分、イチバン大変な現場で踏ん張っている皆様にとって、
どうにかもっと良くなることができないものかと、
ついつい色々考えてやってしまいたくなる性だから。


そんなこんななことを、色々と考えてみたりしているのが、
ある意味、趣味とも言えます。苦笑
(なんて面倒なヤツなのでしょうか。笑)

別に大上段に構えて、
健全化しなければダメだ~!などと杓子定規に
キレイごとばかり言いたいというワケじゃありません。

それでも、たまに耳にする、未だにそんなことが横行されている現実があるのだと、
聞けば聞くほど、どうにかできないものかと。


あくどい手法に自然と人が寄り付かなくなるように、
法に頼るのではなく、知恵と工夫で、解決できる手法を、
探し求めたいと思います。

何か良いアイデアなどあれば、忌憚なくご意見ください。

皆で考えて実行しませんか?



————————————————————–

適正な外国人人財活用についてご関心のある方は、
以下、無料メルマガのご案内からどうぞ。

対象:受入企業側、業者側(国内、国外問わず)、士業など業界関係者

https://gaikokujin.link/blog/?page_id=1022

————————————————————–

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Amazon kindle 出版リスト

カテゴリーごとに記事が探せます。

スポンサーリンク

2004年1月
    10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

人気記事一覧

おすすめカテゴリー記事

リリースサービス一覧

有料、無料とも、以下の、ページにまとめてみました。

ご参照ください。

リリースラインナップ