技能実習制度法改正後の各種書面フォーマット(未確定)

この記事は1分で読めます

★忘備録(参考)
注:パブコメ時点での内容ですので、お取り扱いは十分にご注意ください。

念のため触れておきますが、書面左肩にA~Fの記号があります。
これはどうやら技能実習計画の4技能実習の区分にある内容と思われます。
ここでは団体監理型のDEFのみ目を通すと良いでしょう。

他にも数多ありますが、一部の書面のみピックアップしてみました。
ご参考まで。


01技能実習計画 認定申請書

受入企業に申請責任、かつ監理団体にも指導責任が問われます。


02技能実習計画

実習生1名ごとに作成しないといけないようです。
一律に全員提出って、意味あるのでしょうかねぇ。

03入国後講習実施予定表

04実習実施予定表

05技能実習計画 認定通知書

06技能実習計画 軽微変更届出書

07技能実習計画 変更認定申請書

08技能実習計画 変更認定通知書

09実習実施者 届出書

10実習実施者 届出受理書

11技能実習実施困難時 届出書

実習意欲の喪失、ホームシックも理由になるんですね。
受入企業にしたら、今までの費用を返せって気持ちになるのは、よく理解できますが、
だからといって監理団体や送出機関に返還請求されても対応できません。
いや、対応してるところも聞き及んでいますが、結局実習生に負担が求められるだけでしょうから、
結果、様々もっと悪いほうに転がってしまいます。

12実施状況報告書

技能実習責任者、技能実習指導員、生活指導員の講習受講歴って、
何の講習を受けろって?
講習代という財源を作りたいんでしょうねぇ。

昇給率って・・・?
1号、2号、3号。1年目、2年目、3年目。
それぞれ受入前から、その子がどれだけ力を発揮してくれるかは別に、
昇給を決めておかねば、受入は難しいのかもしれませんね。
今まで通りの最賃のままで3年ってのは、無理なようです。

監査報告書

監査実施概要って何でしょうね。


各自様々ご確認ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

カテゴリー

人気記事一覧

おすすめカテゴリー記事

メディア実績(無料サービス一覧)

blog:『技能実習生の言えること言えないことすべて暴露します』

https://ginoujissyuusei.blog.so-net.ne.jp/

2015年3月より、警鐘と啓蒙を中心に毎日執筆中。

月間ユニークアクセスは約6500

(内半分は何度も訪問いただいている方)

PVは約10,000

サイト:『PRE-STAGE(win4all and then…)』

(本サイトですね)

https://gaikokujin.link/blog/

日々吐き出すブログと違い、残しておきたい内容を不定期更新

無料メールマガジン:

ブログなどでは伝えられない、登録者だけにお伝えする情報を不定期にて配信中です。

有料にて配信しているコンテンツもたまにお伝えしています。

メルマガ登録はコチラ

ご登録者約450人(2018年10月現在)

facebook:『技能実習生の言えること言えないことすべて暴露します』

https://www.facebook.com/motokanridantaishokuin/

ブログ拡散+不定期デイリーニュース配信用

Twitter:『元技能実習生監理団体職員j』

ブログ拡散+不定期デイリーニュース配信用

コチラ

他、各新聞社、映画製作、弁護士など取材多数。

リリースサービス

■『NEXT STAGE』
外国人労働者関連を中心とした情報発信、情報更改、情報交換、交流の場を構築。
監理団体、受入企業、弁護士、行政書士、社労士、送り出し機関、派遣会社、等々
日本、海外の様々な方々からご支持いただき、多岐に渡る情報配信を実施中。

—————————————————-

■『外国人技能実習制度の解体新書企画(52%)』
外国人技能実習制度に特化した双方向交流サービス。順次、参加者と共にアップデートを繰り返し、日々切磋琢磨に励んでいます。

—————————————————-

■『もう一つの解体新書~新規獲得 営業編~』

こちらは本編と違って、私個人が今までの経験などを基に、色々濃密に詰め込んでみたものです。
営業展開がうまくいかない、手探りな方などのご参考になれば幸いです。

—————————————————-

★詳しくはコチラに一覧にて取りまとめてご案内中です。