人手不足の解決策『サルでもわかる外国人労働者受け入れ活用法』

この記事は2分で読めます

余計な前置きはすっ飛ばして、
まず初めに考えるべきは、
どの受け入れ手法を選択すべきか、です。

外国人技能実習制度を活用する。

特定技能を活用する。

就労ビザ(技人国など)を活用する。

留学生を活用する。

就労制限のない在留中の外国人を活用する。


大きく分けて、この5つの手法がアナタに与えられています。


つまりは、アナタの求める人材によって、
おススメできる受け入れ手法は変わってきます。


1、仕事内容
誰でもすぐにできる仕事なのか
数カ月から1年は覚えるために必要な仕事なのか

2、時間数、時間帯
フルタイムで必要なのか
パートタイムで必要なのか

3、業種や職種
業種業態によっても、営業、現場、接客、職人など職種によっても違います。




そんなことはわかってるんだ!

どこをどれだけ探してみても、
何がアナタにとって最適な答えかなんて、
いつまでたってもわからないですよね。

当たり前です。
誰もアナタ固有の事情や背景など、
知る由もないし、助ける筋合いもないからです。


じゃあ、アナタの抱える問題や苦悩をどうしたら解決できるのか?


答えは簡単、ただただ

『信頼できるプロの人を探す』

コレだけです。


ココさえちゃんとしていれば、
外国人労働者受け入れは、十分可能だし、最大限活用できます。

当方には、
冒頭で上げた5つの選択肢の、
全ての受け入れについてのプロが集ってくれています。

今の時代、距離などは問題ではありません。

自分が必要なタイミングで、
自分にとって最適な提案をしてくれる、
『信頼できる』プロにつながるかどうか。

コレだけです。


なので、


当方まで、アナタのお困りの内情について、
ご相談をお寄せいただければ、
何らかの答えをお伝えします。

その状況にイチバン適したプロをご紹介します。


すでに、5つの手法のどれかで、
実際に外国人労働者の受け入れをしていて、
そこで十分な活用ができずに困っている方も、
もちろんOKです。


アナタが私に相談する価値があるかどうかは、
このサイトにある様々なページをご確認ください。

有志の有料会員は120名以上。
メルマガ会員だけでも500名以上。
各メディアでのアクセスはそれぞれに月間1000~2000強。

他にも私についても色々書いてますし、
頼れるのか、頼って間違いなさそうなのかどうかは、
アナタ自身で判断いただくばかりです。


キレイごと抜きに、アナタが外国人労働者を活用するための解決策は、
他に選択肢はないと断言します。
それだけのことをやってきましたから。


ご相談は以下よりどうぞ。


コンタクトフォーム
https://gaikokujin.link/blog/?page_id=969


注:常識のない、自分勝手かつ駆け引きがお好きな方は、
  ご遠慮ください。
  お返事はお約束いたしかねます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

外国人技能実習制度 記事アクセス トップ50 vol.1

外国人労働者のイチバン安い受入手法: ~特定技能~必要最低限のケアとは (ミニレポート)

カテゴリーごとに記事が探せます。

スポンサーリンク

2002年1月
    10月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

人気記事一覧

おすすめカテゴリー記事

リリースサービス一覧

有料、無料とも、以下の、ページにまとめてみました。

ご参照ください。

リリースサービス一覧