解決策

スポンサーリンク
受入企業向け

「技能実習&特定技能の業界人レベル」は、「アナタの周りにいる人たち」で決まる。

賃金計算確認? んなもんやるワケない… 定期訪問? たまにはサボっても…だって全然問題ないし…。 毎回声かけて様子をみる? …めんどくさい、何かあれば言ってくるだろ… 「周りがそんなんばっか」だったら、 たぶん、「...
余談

ナゼ、技能実習&特定技能の業界人に、有識者の言葉は、届かず響かないのか?!

ソレは、現場をやってないとわかんないコトが、有識者に理解デキナイから... ソコにこそ、ミソがあるのに... とみんな言いたいんですが、本当にそうなのか? 例えば、こんな記事が出ています。 ヤフー記事は消去されやすいので...
受入企業向け

『人材育成』が大事なんてわかってる…やらない、やれないのは…

「人材育成」にも、2種類あると思う。 一つは最低限のコト。 最初っから大事で難しく、責任の重い仕事は、 新たに入ってくる新人に任せるハズもない。 私たちが相手にしている大半の中小企業では、 ほぼ、まずは、「誰にでもでき...
お金

技能実習制度事業では、「相手が是正の行動に移す」までが、監理団体のお仕事

特定技能の「支援」では、 単に相手が困って求める部分を支援するだけが仕事。 (法的に最低限のコトさえしてればいいじゃん…って方々ね) (あ、支援は外国人労働者に対してだけで、受入先への支援は法的には指定さえありません) でも、技...
笑顔でありがとうコンテスト

我々、技能実習&特定技能周りの業界人が向かうべき道

日々、現場でバタバタ走くり回っていると、 その忙しさに、つい、 「自分はなんでこんなにも忙しくしてるんだろう…」 ふと、そう迷い込む時がある。   「笑顔と感謝が自然とあふれ出す社会」 コレを掲げて、私は向かっている。 ...
受入企業向け

技能実習制度「廃止も選択肢」…戦々恐々となる人もいるのかな

元法相が会長を務める 自由民主党、政務調査会、司法制度調査会。 現在の法務省が進めている有識者会議とは別ですが、 こんな記事が出てました。 おぉー… 技能実習制度「廃止も選択肢」 自民・古川司法制度会長 一応...
お金

技能実習&特定技能業界のみならずの「値上げ(賃金アップ)の仕方」

賃上げのための「生産性の向上」の一番の解決策は、 値上げする(単価を上げる)コト。 監理団体でも送り出し機関でも、 登録支援機関でも、有料職業紹介事業者でも、 士業でも、 そして、受入先にとっても、同じことです。 利幅が...
問題解決

技能実習でも特定技能でも、成功してしまうポイントは同じ…

今回は、以下の視点で書いてみます。 「みんな分岐点で間違うから、リソースを余計に食われて、成り立たなくなる…」 判断、決断は経営者のお仕事。 基本そうではあっても、 この業界、現場での判断は何度でも求められる。 そ...
受入企業向け

特定技能はどこまで進化するのか?問題はどんなペースで進むのか…

個人的に感じている感覚を、 技能実習の歴史的な視点から想定してみる。 1993年 3年の制度スタート 2017年 新法施行 この間、約25年かかっている。 時代背景的にも大きく変わっているので、 一概には言えないけれども...
お金

特に中小企業が、監理団体や登録支援機関へ、なけなしのお金を支払う本音

今更ながら、ふと思った。 どうして中小企業がこの業界で業者へお金を支払ってでも、 監理、支援などをお願いしているかの理由… ソレは、ズバリ、 ① 前もっての段取り ② そのアラート ③ 各種書面の用意 この3つ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました