成功の秘訣

スポンサーリンク
受入企業向け

技能実習でも特定技能でも、最短で成功する方法

私はいつでも、「ドコ」と組むかではなく、 「ダレ」と組むかが大事だと考えています。 なので、「○○企業の社長さんの○○さん」ではなくて、 単なる「○○さん」個人とのお付き合いとして、接しています。 (もちろん、お立場が分かれば多...
問題解決

技能実習と特定技能の『大百科サイト』、作り始めた…

あぁ、やりたいことだらけで手が回らない… やらねばならないことも目白押しだ… 選択と集中…大事ですね。汗   さてさて、 取り組みたいと思っていた矢先にコロナ禍へ突入にて、 延び延びになっていた解体新書企画の専用サイトの...
"20minutes"YoutubeLIVE

たまにはLIVEで学んだ話を…

先日、今年初の月イチLIVEをやってみた。 最近、私が上手いコト回せていないので、 コメント参加が少なくて残念。 でもね、他の方のお話は、本当に学びになる点が多いので、 一つ、取り上げてみます。   事業に取り組む上...
受入企業向け

現場の方が自身の業務を楽にさせるコツ

アレしろコレしろ、アレするなコレするな、 膨大な業務に押し潰されそうにあえいでいる現場従事者に、 法やルールの変化なんて、とても丁寧に見ている時間なんてない。 となると、肝心要は司令塔になります。 アレしろコレしろ…を現場が...
受入企業向け

技能実習も特定技能も、たとえ制度がどう変わろうとも…

ホンモノって? 人に信頼され、期待され、求められている業界人は、 たとえ制度がどう変わろうとも、 海外から日本へ出稼ぎに来たがってくれる外国人の若者たちがいる限り、 お付き合い先からは、「いなくなっては困る人」です。 特に...
受入企業向け

技能実習&特定技能事業で、無理なく「利益」が残ってしまうコツ

技能実習制度、非営利事業としての監理費管理簿的な話ではなく、 特定技能制度の営利事業としても、 法にがんじがらめのこの業界で、 どうやって適正に利益を残していけるのか。 それは、やっぱり「人材育成」にかかっているのではないかと。...
受入企業向け

2023年は淘汰の年…良質な受入先とのお付き合いがない先も、必然的に淘汰へ向かう年

賃上げアナウンス…1年早かったかなあ。 でも、間に合わなきゃ、意味がない。 ご存知ですよね? 国が、厚労省が、輪をかけて「賃上げ」アナウンスを立て続けていることを。 賃金引上げ特設ページ 「賃上げ・人材活性化・労働...
セミナーや座談会、他

監理団体実地見学ツアー参加者からの評価(202301)

報告忘れてた… 実は、先日の広島見学会ですが、 スペシャルオブザーバーとして、 前回の福岡開催に続けて、 別先の主催くださる代表の方まで、 ご参加くださいました。 今回の参加者もラッキーでした(^^) さ、遅くなり...
お金

「ルールの細分化」が招く「リソース浪費」問題

昨日の続き…とも言える、ルールの細分化が招く弊害。 ある監理団体先に、機構さんが実地検査に入った。 午後1時から、夕方6時を過ぎても、ずっと検査していたらしい。 目を付けられて致し方のない先かと思いきや、 結構真面目に取...
受入企業向け

特定技能周りの業界人は、こういう情報もちゃんとチェックしてるんでしょうか?

技能実習の監理団体の方々にとっては、 当たり前のルーティンかと思われますが、 特定技能への新規参入者って、 どこまでちゃんとチェックしてるのでしょうね。   《届出に関するお知らせ》 2023.1.10 特定技能所属機関...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました