やりがい

やりがい記事一覧

  1. 本音の熱い気持ちが人を動かす…この外国人就労業界はどう動く?

    やっぱり、人は心を揺さぶられたときに、動くんだなぁと感じた瞬間です。私、別に選挙や政治に対して、右翼だの左翼だのは全くありません。でも、ネット上で俄然と注目を浴びてる感がしたので、取り上げさせていただきます。

  2. 弱者救済を本気で取り組むなら、今までと同じじゃ何も変わらない

    受入企業、監理団体、登録支援機関、送り出し機関、外国人労働者、留学生、ビザの種類も受け入れたい業種業界も様々。このお仕事、この業界、本当に一人じゃ何もできない。アチコチでグズグズと毒を吐いたり、批判したり。

  3. これから技能実習制度事業、特定技能の登録支援機関ビジネスに取り組む方へ

    以前にご案内してみました講演や座談会について、ありがたいことに、何件かご依頼をいただきました。そのうちの1件に、先日お伺いして、事業に取り組む中心メンバーの方々と、諸々お話してきました。

  4. 技能実習制度、特定技能、外国人労働者、受入企業、監理団体、登録支援機関、送り出し機関、日本語教師、それぞれどこへ向かうべきなのか?

    理想の業界像...ここがキチンとしていないと皆どこへ向かっていいのやら。ご覧の方々は、それぞれのポジションでこの外国人就労支援ビジネスに関わっている方かと思われます。

  5. 外国人労働者就労支援事業の成立が、ナゼ難しいのか

    独断と偏見に満ちているのかもしれませんが、一次産業、二次産業、三次産業などの各種一般的な事業と比べて、また日本人を中心とした人材派遣事業と比べてみても、なおのこと一際難しいと、改めて感じてしまいます。

  6. 外国人労働者支援業界のスタッフの育て方、育ち方

    ナゼ私はケーススタディという事例紹介をあまりしなくなったのか?この業界、教科書通りにやれば何の問題もないなんて、絶対にありえないので、豊富なケーススタディは、大変貴重な勉強材料です。

  7. 外国人労働者受け入れ事業(業者側)の成功のコツとは

    何度か同じような視点でお伝えしてきていますが、ひとえに、『誰』と組むか。ココでしかないように思われます。事業を安定的に回っていくように持っていく為には、『誰』と送り出し先として組むか。

  8. 外国人労働者の問題各種はナゼ起こり続けるのか?

    いつも問題を解決したがる性格の私にすれば、問題が起こり続けるのが、我慢ならない。

  9. 特定技能に群がる魑魅魍魎と、その認識すらない無知な人々

    ある方とのやり取りから、ある入管で特定技能専用の窓口が開かれていることを知りました。(私、最近、めったに入管まで出向いていないので。

  10. 外国人労働者招聘支援業界の健全化のためにできること

    勘違いしないでくださいね。個人的な自問自答です。あしからず、一意見としてご容赦願います。

Amazon kindle 出版リスト

カテゴリーごとに記事が探せます。

スポンサーリンク

2019年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

人気記事一覧

おすすめカテゴリー記事

リリースサービス一覧

有料、無料とも、以下の、ページにまとめてみました。

ご参照ください。

リリースサービス一覧