日本人が使えない理由

この記事は2分で読めます

<日本人が使えない理由>

日本人は、第二次ベビーブーマーまでは、受験戦争なる言葉が象徴していたように、
競争にさらされ、切磋琢磨し、生き残りをかけてしのぎを削って成長にどん欲に生きてきました。

しかし、昨今では偏差値教育の否定、競争して1位、2位、最下位を決めることに、
個性の尊重を否定するとして、ゆとり教育然り、甘やかされ育ってきた若者たちが
社会に出てストレスの解消の仕方や、逃げる≒選択を代えるという手法すら取ることができない。
先々の想像ができない人が、目の前のことに飛びつき起こした自責について、
負う結果を享受できず、シングルマザーが我が子を見殺しにするような事件が起きてしまう。
ダメであっても許されるという教育環境の中では、
それが許されない社会に出たら、そのダメに押しつぶされてしまうのは当然の摂理です。

そんな成長期を過ごした大人は、問題が起こると、他人のせいにします。
なぜならば、ダメな自分は悪くなく、それを許容できない周りが悪いからです。

一方、会社もこういう人材を人財に育てるだけのゆとりがない。
時間も労力もコストもかけているだけの余力が持てないため、
結果、特に中小企業では使い捨てとなってしまいます。


そう考えてみると、どんな状況に置かれたとしても、
踏ん張って、しがみついてでも、やり遂げる強い根性を持った外国人を、
ゆとりのない中小企業の経営者が求めるように、傾いていくのでしょう。


それが良いとは決して思いませんが、どこまでいっても経営者の考え方一つです。

つまり、その経営者についていけるのかどうか。


これは日本人も外国人も同じでしょう。

しかしながら、片道切符的で来ている外国人であれば、
比較してみても、逃げ道が複数ある日本人よりは、
よほど可能性があるのではないでしょうか。



ただし、外国人労働者にとっては、労務管理をきちんとしなくてはなりません。
時給が10円高い隣の工場に、明日から行くのが外国人です。

必死な分、それだけゲンキンにも動きます。


色々気をつけて雇用していきましょう。


*無論、外国人だけではなく、日本人の従業員も引き続き確保していかねば、
 外国人のほうが多い職場となり、かじ取りも難しくなる場合もありますので、
 バランスも大事かと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

人気記事一覧

おすすめカテゴリー記事

メディア実績

blog:『技能実習生の言えること言えないことすべて暴露します』

http://ginoujissyuusei.blog.so-net.ne.jp/

2015年3月より、警鐘と啓蒙を中心に毎日執筆中。

月間ユニークアクセスは約5500

(内半分は何度も訪問いただいている方)

PVは約8000

メルマガ登録約350人(2018年5月現在)

各新聞社、映画、など取材多数。

リリースサービス

■NEXT STAGE
http://www.gaikokujin.link/member/main.php
(注:会員限定サイト)
第1期 募集期間:2017年11月~2018年1月
外国人労働者関連を中心とした情報発信、情報更改、情報交換、交流の場を構築。
監理団体、受入企業、弁護士、行政書士、社労士、送り出し機関、派遣会社、等々
日本、海外の様々な方々からご支持いただき、多岐に渡る情報配信を実施中。
(第2期募集 計画中)

★具体的なサービス内容
『専用サイト』+『アップデートメール配信』+『チャットワーク相互情報交換』

★ご案内
http://www.gaikokujin.link/member/cf/mhz
注:現在新たな募集はしておりません。
ご参加希望の方は、無料メール配信サービスにご登録ください。
第2期募集の際には、ご案内申し上げます。

 

■『外国人技能実習制度の解体新書企画(50%)』
http://37-man.com/main.php
(注:会員限定サイト)
第1期 募集期間:2018年2月~5月
外国人技能実習制度に特化した双方向交流サービス。
順次、参加者と共にアップデートを繰り返し、日々切磋琢磨に励んでいます。
(第2期募集 計画中)

★具体的なサービス内容
『専用サイト』+『アップデートメール配信』+『チャットワーク相互情報交換』

★ご案内
無料メール配信内にてご案内しておりましたが、
2018年5月31日現在、募集を締め切りました。
ご参加希望の方は、無料メール配信サービスにご登録ください。
リニューアルし、近日、第2期募集のご案内予定です。