外国人労働者就労支援事業の成立が、ナゼ難しいのか

問題解決

独断と偏見に満ちているのかもしれませんが、

一次産業、二次産業、三次産業などの
各種一般的な事業と比べて、
また日本人を中心とした人材派遣事業と比べてみても、
なおのこと一際難しいと、改めて感じてしまいます。

なぜならば、
何十年とそれなりの事業規模まで一代で育て上げた経営者の方々が、
こぞってみごとに転がり落ちていく話を聞き続けているから。
スムーズに事が運んだ試しは一度もありません。

この事業、ケアせねばならない点が、
100や200じゃきかないし、
それは受け入れ先ごと、外国人労働者ごとだし、
その一つ一つが、容易にクリティカルな問題まで発展してしまうことに
他なりません。

ヒト、モノ、カネ、
時間、情報、心、
全て総動員するのは当然ながら、
その一つ一つが、
半端なく質量共に求められる事業だからです。

それも経営陣よりは、どちらかといえば、一担当者に。

そう、スタッフ一人一人の育成を、
可能な限り、早く、漏れなく、必要十分にまで、
もっていく仕組みが整備できているところは、
トラブルが減り、適正な解決も対応でき、
安定した経営体制を築くことが可能となります。

逆を返せば…言わずもがなです。

コレは特殊な事業を除いて、
ほぼ一般的に考えられる事業の全てと
比較相対的にみての見解です。
(私も過去に色々な事業に関わらせていただきましたので)

そして、中でもイチバン根っこで肝心なところは、

心。

方針(後で触れます)は様々ですが、
ココが最高&最低&最深&最優先の基準として、
ゆるぎなく心に据え置き続けられるかどうか。

全方位のバランスを整え、ケアし続けられるかどうか。

そして、向かうべき方針ですが、
様々な失敗や苦労に基づいた豊富な人生経験にも基づいた、
間違いない方向へと、
経営陣も一担当者もみんな揃って、
顔を向け続けられるかどうか。

※経験値は、諸先輩方の経験値を臨場感を高めて
擬似体験と言えるほどに自身にインストールできるかによって、
実際に体験してはいなくとも、蓄積することが可能です。

複雑怪奇なこの事業に
取り組めば取り組むほどに、
迷路に迷い込んで、
自分でも知らぬ間に、
カネの亡者に成り下がっていたり、
アレもコレもケアしなきゃと袋小路に突き当たり、
フツーに考えたらわかるし気づくことが
難しくなってしまう場合が
多々あります。

そして、不正行為などによる、
ちょっとした小遣い稼ぎが、
一担当者でもやろうと思えばできてしまうことが、
とてもリスキー。

小遣い稼ぎじゃなくても、
現地で自分の小遣いを使わずして、
遊び惚けてしまう残念な方々は、
少なくありません。

特に男はスカポンタンなバカっつらも少なくありませんから。涙

それもすぐには経営側にはわからない。

いや、スタッフへは厳しく申し付けておいて、
裏で経営者自身が特権行使し、
バレないとたかをくくって、
バカ騒ぎしている情けない場合も少なからず。

不正のみならず、普段の日常業務でも、
次から次へと発生する諸問題。

経営者、一担当者の別を問わず、
様々路頭に迷い込んだ時に
冷静に適正適切な整理をつけたり、
それらを客観的な立場から、指摘や助言を受けられる環境整備は
困って悩んでいる方にとっては、
どれだけありがたいことか。

それが、間違いなく同じ方向を向いた仲間が、
自分の利害を抜きにして答えて応えてくれる存在が、
どれほどの支えになるか。

ほとんどの方々が、後先を考えるほどに、
残念な環境から自ら抜け出せる手段はほとんどなく、

結局、いつまでたっても、
更に次から次へと迷い続けて
疲弊を繰り返し、
迷路から抜け出せず、
リタイヤするか、悪質ブローカーへの片道切符。
あげく周りにまで迷惑を巻き散らかします。

まったく本当に難しい業界です。

新規参入者を拒んでいるワケでは決してありません。
むしろ能力の高い方々には、
是非ともドンドン参入して、
もっともっとより良い業界に変えていって頂きたいです。

ただ、この業界で苦労していて
なおかつ良かれと様々発信している
お気持ちのある方々が少なからずいらっしゃるので、

参入失敗とならない為にも、
是非ともこれらの肌感覚を、
たくさんリサーチして、
道をやり方を間違えないように、
気をつけて頂ければと思います。

特許とか利権とかどーでもいい。

ただただ、周りに関わる方々全ての人が、
正しい方向へ向いて鋭意努力し、
結果、正しく報われる方が増えれば、
笑顔で感謝しあえる社会を築けたなら、
みんなもっと楽しく生きていけると思うんですけどね。

————————————————————–

適正な外国人人財活用についてご関心のある方は、
以下、無料メルマガのご案内からどうぞ。

対象:受入企業側、業者側(国内、国外問わず)、士業など業界関係者

★メルマガ/LINE
笑顔になりたい、笑顔に囲まれていたい方向け。  『NEXT STAGE ~切磋琢磨~』無料メール配信登録    対象者:受入先、監理団体、登録支援機関、送り出し機関、士業などの業界関係者全員。   注:メール配信が、受...

————————————————————-

コメント

タイトルとURLをコピーしました