監理団体職員はこうして儲けるべし…って知りたいですか?

この記事は1分で読めます

前々から考えていました。

いったい、どうすればマトモな監理団体が、
またさらには、その職員が儲かるのか。。。


長年ツラツラと探し続けてきた手法が、
私の中でも、おぼろげに、

こうやったらどうなの?みたいなストーリーが、

漠然とイメージであります。


それも、大手ではなく、地場で取り組んでいる先だからこそ、
できる手法です。


…知りたい方いますか?


リアクションが多ければ、具体的に詳細まで詰めて、
お伝えします。


みなさん、それぞれに取り組んでいらっしゃるとは思いますので、
特に必要なさそうであれば、控えておきます。


何かご意見ありましたら、コメントにご記入いただくか、
当方までメールにて送りください。










  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • カンリ職員
    • 2018年 6月21日

    とても知りたいですね(笑)
    おそらく、真面目にやっている小さな監理団体ほど知りたいのではないでしょうか。
    新制度になり経費ばかりがかかるようになりました。値上げすれば企業さんは去っていきます。。。八方ふさがりです。

    • 管理人
    • 2018年 6月22日

    カンリ職員さま

    そうかもしれませんね。
    単純に経費を下げ、値上げをするのみですが、
    そのためにどうすべきなのかについて、各監理団体の方々が頭をひねって取り組んでいらっしゃることと思われます。

    お伝えしたいことは様々ありますが、
    ご参考となるようであれば、
    また、そんなお声が多いようであれば、
    お伝えできればと思っております。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

カテゴリー

人気記事一覧

おすすめカテゴリー記事

メディア実績

blog:『技能実習生の言えること言えないことすべて暴露します』

https://ginoujissyuusei.blog.so-net.ne.jp/

2015年3月より、警鐘と啓蒙を中心に毎日執筆中。

月間ユニークアクセスは約6500

(内半分は何度も訪問いただいている方)

PVは約10,000

メルマガ登録約400人(2018年7月現在)

各新聞社、映画、など取材多数。

リリースサービス

■NEXT STAGE
https://www.gaikokujin.link/member/main.php
(注:会員限定サイト)
第1期 募集期間:2017年11月~2018年1月
外国人労働者関連を中心とした情報発信、情報更改、情報交換、交流の場を構築。
監理団体、受入企業、弁護士、行政書士、社労士、送り出し機関、派遣会社、等々
日本、海外の様々な方々からご支持いただき、多岐に渡る情報配信を実施中。
(第2期募集 計画中)

★具体的なサービス内容
『専用サイト』+『アップデートメール配信』+『チャットワーク相互情報交換』

★ご案内
https://www.gaikokujin.link/member/cf/mhz
注:現在新たな募集はしておりません。
ご参加希望の方は、無料メール配信サービスにご登録ください。
第2期募集の際には、ご案内申し上げます。

—————————————————-

■『外国人技能実習制度の解体新書企画(52%)』
https://37-man.com/main.php
(注:会員限定サイト)
第1期 募集期間:2018年2月~5月

第2期 募集中 :2018年8月~未定

(万が一、ご参加が多い場合は、十分な対応ができかねることを含め、事前のお断りなく募集終了となる場合があります。)

外国人技能実習制度に特化した双方向交流サービス。
順次、参加者と共にアップデートを繰り返し、日々切磋琢磨に励んでいます。

★具体的なサービス内容
『専用サイト』+『アップデートメール配信』+『チャットワーク相互情報共有&交換』

★ご案内
現在、無料メール配信内にてご案内しております。ご関心をお寄せの方は、以下よりご登録ください。自動的にご案内が届きます。

http://www.gaikokujin.link/member/cf/9oz