お問い合わせはコチラ

この記事は1分で読めます

直接のお問い合わせはこちらのコンタクトフォームよりどうぞ。

https://gaikokujin.link/blog/?page_id=969


各所にお問い合わせ用のメールアドレスを記載しておりますが、
メール送るのはちょっと…なんて方は、
こちらからお気軽にコメントをお寄せください。

以下↓↓↓『コメントをどうぞ』↓↓↓からどうぞ。

関連記事

  1. はじめまして。匿名で失礼いたします。

    同じ業界にいる者として大いに納得しながら読ませていただきました。

    私も元監理団体職員から、現在は実習生受入のコンサルティング業務で収入を得ております。

    情報交換や業務協力も視野依入れたお話ができればと思い、コメントさせていただきました。

      • 管理人
      • 2017年 1月4日

      初めまして。

      コメントいただきありがとうございます。

      また共感くださり大変恐縮です。

      後ほど、アドレスに直接メールお送りさせていただきます。

      よろしくお願いいたします。

    • ブイ チュン ズン
    • 2017年 1月18日

    はじめまして。ベトナム人ブイ チュン ズンと申します。
    4年間の監理団体を活かして、ベトナムの送り出し機関の東京駐在員として実習生の監理また組合様や企業様へのサポートを行っております。
    一年以上ブログをフォローし、自分の仕事に役に立つ情報がたくさん勉強させていただいており、御礼申し上げます。

    やはり、この業界で組合様また受入企業様も様々があり、対応しきれない場合もありますが、制度の基本的なことを守りながら、送り出し事業を行いたいと思います。

    これからも宜しくお願い致します。

      • 管理人
      • 2017年 1月18日

      ブイ チュン ズン さま

      初めまして。

      コメントいただきありがとうございます。

      送り出し機関としてのサポートのご苦労、お察しいたします。

      また、拙いブログをご覧いただき大変恐縮です。

      現在、水面下で様々模索中ですが、ご縁がございました際には、
      宜しくお願い申し上げます。

      取り急ぎ御礼とご挨拶まで。

        • ブイ チュン ズン
        • 2017年 1月18日

        ブログ主様

        早速お返信頂き、ありがとうございます。
        水面下のことは弊社が避けたいですが、
        避けられない場合も結構あります。
        それは送り出しとして何とも言えない立場ですが、
        精一杯努力して、良い人材、良く教育された人材を
        送り出して、ある程度のレベルになりたいですね。

        今後とも宜しくお願い致します。

    • K.T
    • 2017年 8月12日

    はじめまして。
    いつも貴重な情報を読ませていただきありがとうございます。
    私は介護教育をしているものですが、11月より施行される技能実習生の介護教育で何かお手伝いができればとご連絡差し上げました。

      • 管理人
      • 2017年 8月12日

      KT様

      コンタクトありがとうございます。

      ご関心をいただけますようでしたら、以下よりご登録ください。

      宜しくお願いいたします。

      http://www.gaikokujin.link/member/cf/s

    • 大阪にある監理団体
    • 2017年 10月10日

    監理団体に勤めて、2年半になります。
    介護職種について専任で取り組んで参りました。私の課題は介護技術を教授できる講師、入国後の日本語教育コンテンツを探しており、なにが最適化を検討しています。
    また、今後の人材育成に熱心に考える法人をいくつか抱えております。頑張る人材であれば国籍問わないという風土が少しずつ広がっているのを感じます。
    技能を確かめる為のチェックができるツールがあるのならば、教えて頂ければと思います。

    • 管理人
    • 2017年 10月11日

    大阪にある監理団体 さま

    お問い合わせありがとうございます。

    技能を確かめるためのチェックができるツールをとのことですが、

    大変失礼ながら、
    ビジネスライクにサービス提供先をただ増やそうとお勧めしているワケではございません。

    サービス提供会社様の趣旨としましては、
    痛く面倒な内容にご理解賜り、真摯に人財への教育に向き合い、
    共に協力して取り組める先とのみ、提携を図っていきたいという所存です。


    ゆえに、真剣にお取り組み頂いている先かどうか、
    それぞれ、メールなどの個別クローズドにてやり取りをし、
    確認できた際に、お繋ぎさせていただくようにしております。

    単なる情報収集ではなく、
    自身の情報開示を含め、ご面倒なやりとりをご承知願えますようでした際には、
    改めて直接メールなどにてお問い合わせくださいませ。


    以上、宜しくお願いいたします。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

フォーラム内の最近の投稿