経験談や実例

スポンサーリンク
受入企業向け

労災事故、人権侵害、賃金不払い、虚偽、隠ぺい、そして職種不適合…残念なほどに安定した処分根拠

今回の行政処分も今回で終わり。 昨日の続きです。 昨日の最後に、久しぶりにみた行動制限… 本当に想像力もない経営者って、 よく今時、事業をやってられるモノだなあと、常々不思議に思う。 付き従う従業員の気が知れない。 無論...
受入企業向け

外国人技能実習生を受け入れる資格はない!と烙印を押された会社経営者たち

さあ、昨日の続きです。 なんかね、 許可取り消しや改善命令を食らうような監理団体と付き合ってた受入先ほど、 時同じくして、処分されてたりするのかなと思ったり。 ま、実習生保護の都合上、早い遅いの違いはあれど。 じゃ、早...
受入企業向け

毎月続く、残念な技能実習監理団体(組合)…情けない経営者リストと言い換えても…

今回も、久しぶりに内部情報が漏れ伝わってきた先がやっと…。 自業自得です、ご退場ください。 しかしやはり、 負えもしない責任は、代表が処分公表されるだけで、 実際に罰金刑などまで追い込んで、 ちゃんと支払わせてるんですかね...
お金

技能実習&特定技能業界のみならずの「値上げ(賃金アップ)の仕方」

賃上げのための「生産性の向上」の一番の解決策は、 値上げする(単価を上げる)コト。 監理団体でも送り出し機関でも、 登録支援機関でも、有料職業紹介事業者でも、 士業でも、 そして、受入先にとっても、同じことです。 利幅が...
問題解決

技能実習でも特定技能でも、成功してしまうポイントは同じ…

今回は、以下の視点で書いてみます。 「みんな分岐点で間違うから、リソースを余計に食われて、成り立たなくなる…」 判断、決断は経営者のお仕事。 基本そうではあっても、 この業界、現場での判断は何度でも求められる。 そ...
当事者意識

監理団体職員や登録支援機関のスタッフが、真に求められている業務…

もうね、本質に近づけば近づくほどに、 技能実習、特定技能業界のみならず、 人として社会として…と、業界特化以前の根幹的な問題になっていきます。苦笑 つまり、外国人労働者にのみ求められているコトではない…。   技能実習・特...
受入企業向け

特定技能はどこまで進化するのか?問題はどんなペースで進むのか…

個人的に感じている感覚を、 技能実習の歴史的な視点から想定してみる。 1993年 3年の制度スタート 2017年 新法施行 この間、約25年かかっている。 時代背景的にも大きく変わっているので、 一概には言えないけれども...
お金

特に中小企業が、監理団体や登録支援機関へ、なけなしのお金を支払う本音

今更ながら、ふと思った。 どうして中小企業がこの業界で業者へお金を支払ってでも、 監理、支援などをお願いしているかの理由… ソレは、ズバリ、 ① 前もっての段取り ② そのアラート ③ 各種書面の用意 この3つ...
セミナーや座談会、他

「監理団体実地見学ツアー」締め切ります。

実は「水面下」で色々ご案内している中で、 「監理団体実地見学ツアー」なるものも、 不定期ながらアナウンスしています。 今回、去年のご案内から一年近くが経過したため、 新たに作り直しました。 『監理団体実地見学ツアーのご案内...
お金

賃金不払い詐欺は、技能実習受入先だけじゃなく、こんなにも…(# ゚Д゚)

先日、厚労省から、また行政処分が公表されていました。 労働基準関係法令違反に係る公表事案 NEW10月31日 いつもの「長時間労働削減に向けた取組」の中にある更改資料です。 その中で、「賃金不払い」に特化して、 いく...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました