外国人大学生のインターンシップの受入活用法

ホテル、食品製造など、受入が可能な手法です。
*事業規模や具体的なカリキュラム対応が可能かどうかによるなど、受入要件があります。


そもそもインターンシップってお分かりになりますか?


そう、日本の大学生も同じですが、大学在学中に、
実際に企業の現場に入って、就労体験をしてみるというものです。

そして、特に海外からの大学生は、単位認定される場合が多くあります。


つまり、外国の大学生が、日本に来て、日本の企業で就労体験することで、
海外での就労を経験するという貴重な社会経験を積むことができ、
その専攻する学科の更なる理解、現場の現実まで実地研修にて習得を深めるという意味になります。


また、受入企業側のメリットも当然あります。

これだけ国境の垣根が低くなり、外国が身近となった現在、
外国人は様々な形で来日してきます。

職場にも様々な形で増えていくことでしょう。

そんな中、社内に外国人を一時的にも内包するということは、
既存の日本人スタッフが、外国人と一緒に働くという貴重な経験を通じて、
自社内にてその経験値を積み増すことが可能となります。

当然、大学生にて元気いっぱいな若者たちですので、
硬直しがちな社内の活性化にも十分活用できます。
入れ代わり立ち代わりともなれば、それだけでも、
既存の従業員さん方にとって、十分な刺激となることでしょう。


また、諸条件さえクリアすれば、優秀な人財のお試し期間とも位置付けられ、
本採用への道すら創り上げることも可能となります。


実習生とは似て非なる受入手法ですが、
このインターンシップでのお受入手法は、
実習生にも似て、あくまで労働者ではないという意味もあります。


こちらも、制度趣旨を十二分にご理解くださる企業であれば、
歯に衣着せぬお話し合いもあろうかと思います。


コスト面、受入可能な業界、手法の詳細など、

ご相談は、お気軽に以下までお問い合わせください。


元技能実習生監理団体職員 宛
info@gaikokujin.link まで。



コメントは利用できません。

スポンサーリンク

カテゴリー

人気記事一覧

おすすめカテゴリー記事

メディア実績

blog:『技能実習生の言えること言えないことすべて暴露します』

https://ginoujissyuusei.blog.so-net.ne.jp/

2015年3月より、警鐘と啓蒙を中心に毎日執筆中。

月間ユニークアクセスは約6500

(内半分は何度も訪問いただいている方)

PVは約10,000

メルマガ登録約400人(2018年7月現在)

各新聞社、映画、など取材多数。

リリースサービス

■NEXT STAGE
https://www.gaikokujin.link/member/main.php
(注:会員限定サイト)
第1期 募集期間:2017年11月~2018年1月
外国人労働者関連を中心とした情報発信、情報更改、情報交換、交流の場を構築。
監理団体、受入企業、弁護士、行政書士、社労士、送り出し機関、派遣会社、等々
日本、海外の様々な方々からご支持いただき、多岐に渡る情報配信を実施中。
(第2期募集 計画中)

★具体的なサービス内容
『専用サイト』+『アップデートメール配信』+『チャットワーク相互情報交換』

★ご案内
https://www.gaikokujin.link/member/cf/mhz
注:現在新たな募集はしておりません。
ご参加希望の方は、無料メール配信サービスにご登録ください。
第2期募集の際には、ご案内申し上げます。

 

■『外国人技能実習制度の解体新書企画(50%)』
https://37-man.com/main.php
(注:会員限定サイト)
第1期 募集期間:2018年2月~5月
外国人技能実習制度に特化した双方向交流サービス。
順次、参加者と共にアップデートを繰り返し、日々切磋琢磨に励んでいます。
(第2期募集 計画中)

★具体的なサービス内容
『専用サイト』+『アップデートメール配信』+『チャットワーク相互情報交換』

★ご案内
無料メール配信内にてご案内しておりましたが、
2018年5月31日現在、募集を締め切りました。
ご参加希望の方は、無料メール配信サービスにご登録ください。
リニューアルし、近日、第2期募集のご案内予定です。