通訳・翻訳や貿易などの国際業務人財をお探しの方へ

よく考えてしまうのは、インバウンド対応が可能な『接客用人財』です。

この場合は、基本的には認められてないようですので、まずご注意を。


状況が変わってきています。
ケースバイケースにて、対応いたしますので、ご相談ください。

容易に許可が出る場合と、

慎重にロジックを積み上げて、現実論と合わせた申請をかけて許可が出る場合と、

明らかに許可が出ないであろう場合があります。


入口から来日後の就業実態、はたまた期間更新手続きまでを考え、
入念に先手を打ちながら、上手に許可を狙いたいものです。


こちらは、インターンシップなどを利用して、
人柄や性格、責任感などを一定期間確認しつつ、
改めて招聘する合わせ技が良いかもしれません。


どのみちケースバイケースです。

お気軽にご相談ください。



ご相談いただきます際は、以下のアンケートにお答えいただき、当方まで送信ください。

info@gaikokujin.link まで。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Q1.ご希望の人財に求めるスキルや経験、人数

(具体的に                          )


Q2.御社名・ご担当者名・ご連絡先(住所、電話番号、メールアドレス)



社名:                            

事業規模: 売上     円   従業員人数      人  

ご担当者名:                         

お電話番号:                         

メールアドレス:                       

*要コンプライアンス遵守。外国人労働者の受入手法は、様々な法律が適用されます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


元技能実習生監理団体職員 宛
info@gaikokujin.link まで。

コメントは利用できません。

外国人技能実習制度 記事アクセス トップ50 vol.1

外国人労働者のイチバン安い受入手法: ~特定技能~必要最低限のケアとは (ミニレポート)

カテゴリーごとに記事が探せます。

スポンサーリンク

2019年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

人気記事一覧

おすすめカテゴリー記事

リリースサービス一覧

有料、無料とも、以下の、ページにまとめてみました。

ご参照ください。

リリースサービス一覧