良い送り出し機関の探し方

この記事は5分で読めます

ある会員さんからご相談いただき、
ある送り出し機関をご紹介いたしました。

クドクド断っておきますが、
双方から一切の手数料やキックバックなどいただいておりません。

こちらの方は、色々と真摯にお取り組みなさる考え方や姿勢をお持ちです。
(というか、当該制度事業に取り組むにあたっては、当たり前でフツーのことですけどね。苦笑)

そして、送り出し機関の方も、同様です。
(ちなみに、日本人の方です。)

何が言いたいのかといえば、
『紹介』『口コミ』という部分です。

でも、いつも通り、『誰』からの紹介なのか、
『誰』を紹介するのか。

ココにつきます。


胡散臭い悪質ブローカーばかりいる、この残念な業界ですが、
ちゃんとした方は少なからずいらっしゃいます。

受け側も、送り出す側も。

でも、その方々同士が、それぞれの部分で活躍されていて、
接点がない。

そして、この『良い接点』を作ることは、
実は、尋常じゃない背景があります。

それは、今までさんざん苦労してきた経験に裏打ちされたものだからです。
それぞれと昨日今日お会いした関係性ではなく、
それぞれにお会いして、何度かお話を重ね、
考え方や姿勢と、それぞれのご苦労を様々お聞きしてきた背景があってのお話です。

実はアベンジャーズサービスでは、
そういったご縁を紡ぐこともしています。

今回は、有料会員さん同士であり、
あまりおカネおカネいうつもりもなかったので、
そのままご縁をお繋ぎさせていただきました。


結局のところ、私自身が、
良心的な方同士、
継続的に真摯に取り組み続けている姿勢が伝わる方同士、

良いご縁を紡ぎたかったからだけです。

ある送り出し先の方は、
日本国内で監理団体業務もされていた方で、
送り出し側も長年取り組んでいらっしゃるので、
酸いも甘いもご存知な方です。

当該実務が初めての方であれば、
送り出した後のことまで見通して、
入口の時点からケアできるので、
上手に良い関係性が築ければ、
一粒で相当ラッキーなことになります。


もうお一方も、
ご本業の傍ら、ずっと現場の現実を模索しつつ、
彼の国の若者たちとの良好な関係を築くべく、
東奔西走されていらっしゃる方です。

たまたまですが、今回の受け側も送り側も、
貿易関係の方でもありましたので、
また違う意味で相乗効果が高まるご縁が広がれば、
こちらも楽しみです。


…ほんの一例ですが、お分かりでしょうか。

求める方がいる。
その方がどういう方なのか。

求められる方がいる。
その方がどういう方なのか。

これらがどういう接点で、繋がるのか。
コレだけです。


無論、私だけじゃなく、それぞれに良縁を紡がれている方もいらっしゃると思われますが、
コレがおそらく並大抵のことではできないと思われます。
(無責任な紹介は、誰にでもいくらでもできると思いますよ。)

そして、そのつながりを築いてきた背景に、
よほどの時間とコストと労力がかかっているかを考えると、
まず大抵の方は、なんらかの紹介料や費用請求に走ります。

ある意味、その方にすれば、当然のことです。

でもね、
そんなことばかりやってるから、
結局のところ、キックバックだとか高額接待だとか、
意味の分からないおカネばかり、弱者に負担が増えるんです。

それとこれとは違う?

確かにその通りです。

でも、そのために起きる現実(失踪リスクや様々な不幸)も、その通りなんです。

リーガルかイリーガルかなんて、
見る人によって様々です。
そこで言い争うこと自体ナンセンスだと思っています。

法定違反かどうか以前に、
苦労してきていればいるほど、
弱者負担の現実と、それが引き起こす残念な結末を知っていればいるほど、
おカネなんか、そうそうはいただけません。

(だから面倒でしかないので、紹介しない方も多いですね。苦笑)

あわよくば、
ご縁を紡いでもらえたおかげで、
これほどのビジネスにつながった…など、
後々の結果がそうなったなら、
利益が回るようになってから、
その利益の一部を、謝礼としてお支払いくださるお気持ちがあれば、
それはありがたく頂戴する考えです。

そこまで時間が経過して、
そこまで持って行ったのも全て自分の実力だと思われたなら、
別にそれで構いません。

おカネであってもなくても、
おカネで繋がってない方々とは、なんらかの形で、
めぐってくるものですから。


そういう意味で、私には、
おカネに執着が無さ過ぎて困っているところはたくさんあります。苦笑

それも自分の実力だと思って、
できないことはできない、というか、
したくないことは、しないので、
致し方ないかなと思っています。



良い送り出し機関をお探しの方は、
いつでもどんな時も、それぞれの理由で発生します。

その時に、今まで誰とどんなお付き合いをしてきたのか。
この業界において、
どういう考え方で、姿勢で、取り組んできているのか。
取り組もうと、もがいていらっしゃるのか。

特に、自分の頭で考えて、自分自身が動いているのかどうか。

この辺りが、王道を歩んでいる方には、
自然とご縁が広がるでしょうし、
意識的でも無意識的でも、マネーゲームに顔が向いている方は、
マネーゲームに励んでいる方々と繋がっていくものです。
類友ってヤツですね。


こういうトークについても、
当方を以前よりよく知る方々にとっては、
私が言葉通りの本音を綴り、他意のないことはお分かりだと思われます。

でも、
おそらく私との関係性がない方は、
これまた営業行為にしか受け止められないんでしょうね。

特に、自身がマネーゲームに興じている方々であれば、
自分がそうだから余計に相手も同様だとデフォルトで考えるので、
余計に。苦笑

まぁ、そんなことはどうでもよくて、
いつもながら、こんな面倒な私とお付き合いくださる方々には、
精一杯の良かれと思うことをし続けているばかりです。


つまり、
良い送り出し機関の探し方は、
良いご縁に巡り合うコトであって、
その良いご縁を引き寄せられるかどうかは、
今までとこれからのアナタ次第だということです。


上っ面の情報など、掃いて捨てるほど
そこかしこに散らばっています。

コトこの件については、
諸条件だけで、お得かどうかだけで、
提携先を決められません。

威容な施設を用意し、何百人を擁していようが、
少人数で始めたばかりであろうが、
どちらのケースであっても、
良い人もいれば悪い人もいます。

マネーゲームに興じている方々は特に、
諸条件が良い先があれば、次から次へと乗り換えていこうとします。
(無論、損得以外でも乗り換えざるを得ない場合も少なからずあります)
国によっては提携できる送り出し機関の数に、
制限があることすら知らずに、好き勝手なことをします。
そういう意識すらありませんから。

そういう方々はいつだって事業は不安定なままです。
それを数と歩留まりの論理で乗り越えようとする輩すらいます。

でも、長続きはしません。
(目の前の困っている人にちゃんと対応できない現場で働く方々は、
 嫌気がさして遅かれ早かれいなくなっていきます。)


さらに言えば、
せっかく良いご縁を紡げたとしても、
それでオールOKなんて、甘い世界じゃありません。

それぞれに考え方や価値観が全く同じな人などいませんから、
常にケースバイケースでのケーススタディについて話し合い、
コンセンサスを重ね続けて、初めて同士といえるような間柄になり、
同じ方向を向いた強い絆が生まれます。

大変な道のりを共に歩んでいくからこそ、
強固な関係性が生まれるのであって、
いきなり無二の親友みたいになれるワケないじゃないですか。

何でも同じですよね。

自分の頭で、色々なことを知り、見て、
誰かと話し、考えて決断していく先にこそ、
自身が求める答えにたどり着けるものと思われます。

たどり着けなければ、それらの努力が足りなかっただけです。
十分ではなかっただけです。


いつも通り、安近短な答えではないですが、
まともな考え方をして、もがいていれば、
自然とたどり着ける答えでもあると思うのですが、

人間、楽してお金儲けしたいという欲があるので、
辛く面倒くさいことからは逃げ出したい欲があるので、
難しいのもまた現実です。


でも、良い送り出し機関と提携できなかったら、
もっと苦労して大損するのは、
なによりアナタ自身です。

頑張ってくださいね!




————————————————————–

適正な外国人人財活用についてご関心のある方は、
以下、無料メルマガのご案内からどうぞ。

対象:受入企業側、業者側(国内、国外問わず)、士業など業界関係者

https://gaikokujin.link/blog/?page_id=1022

————————————————————–

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Amazon kindle 出版リスト

知りたいキーワードで検索してみてね。

カテゴリーごとに記事が探せます。

スポンサーリンク

2005年1月
    10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

人気記事一覧

おすすめカテゴリー記事

リリースサービス一覧

有料、無料とも、以下の、ページにまとめてみました。

ご参照ください。

リリースラインナップ