外国人労働者支援業界の成否の全てはマッチングにある

この記事は3分で読めます

コレは、どんな事業にも言えるコトなのかもしれません。
世の中全て肝心要はマッチング。

受入企業側にすれば、良い業者と、良い担当者と出会えるのかどうか。

監理団体や登録支援機関側にとっても、
良い受入先や、良い送り出し機関と巡り合えるのかどうか。

送り出し機関にとっても
良い監理団体や良い技能実習生などの出稼ぎ希望労働者と巡り合えるのかどうか。

外国人労働者にしても、良い送り出し機関、良い監理団体、良い受入先、
そこに関わる全ての良い『人』に巡り合えるのかどうか。


実務的なことを言えば、
労働者側が希望する個々の背景に見合った諸条件と合致しうる受入先に、
ちゃんと採用され、目論見通りの稼ぎを、
無理しすぎることなく実現できるのかどうか。

自分のコトしか考えずに、一方的に相手に求めるだけで、
相手の諸事情を理解しようとする姿勢すら持たず、
合意に至れない労働者や受入企業を排除できるのか。

日本語能力が必要な職場で、
必要最低限以上の日本語能力のある外国人労働者をマッチングできるのか。

専門スキルがないと勤まらない業務に、
専門スキルを持つ労働者をマッチングできるのか。

コスト面から許容範囲内のサービス?業務?仕組み提供に
マッチングできるのかどうか。

この業界に新規参入するにあたって、
一人じゃ、一組織だけじゃ到底できない事業に取り組むため、
離れていても、顔をつけ合わせることが頻繁になくても、
一緒に信用し信頼し取り組める相手に巡り合えるのかどうか。

複雑怪奇な様々な情報に、
必要十分に、巡り合えるのかどうか。

程よい環境に身を置くことが可能なのかどうか。

自分の生活は、ストレスの許容範囲に収め続けられるのかどうか。

付き合いたい、共に同じ方向へ力を合わせたくなる誰かと、
めぐり合えるのかどうか。

これらのマッチング関係を、維持発展していけるのか。


もうすべて色んな局面で、マッチングが必須です。


何を言いたいのかと申しますと、
マッチングが大切だってことじゃなくて、

自分が求めるマッチングは、
自分が探しに行かないと見つからないってこと。

待っているだけじゃ、めぐり合えない人が多いってこと。

逆を返せば、探し求めれば、めぐり合えるってこと。


そして、今の時代は、ネットがあって、
マッチングはネットがイチバン効率が良いし、
効果的に活用できるし、
あと、経済的にも◎。


なんだか出会いサイトみたい?苦笑


そう、実は、私は、めぐり合いたい人にめぐり合いたいからこそ、
こんなこともしているとも言えます。

こんなめんどくさい、小うるさい私を、
余計なことばかり話している私を、
決して器用ではない私を、
許容いただけてなお、コンタクトを取りたがっていただける方を。

少なからず、私が向かいたいところ、やりたいこと、
そう思えることに付き合っていただける方を。

自分にとっても、そしてできれば相手にとっても、
刺激になり、励みになり、互いにできることがプラスの意味で増える方との出会いを。

私が知らない世界でのプロの方を。
私が気づかなかった気づきを与えていただける方を。
お互いに成長しあえる仲間を。


そう、ナゼこの点をフォーカスしてみたかといえば、
私自身、これらのマッチングができたおかげで、
知らない世界を知り、出来るコトが増え、
新たな挑戦ができるようになったからです。

振り返ってみれば、
今、自分ができていることのほとんどは、
めぐり合えた方々と共に取り組んでいることばかりです。


「たまたま」そういう方々が、見つけてくれて、
こんな私を許容いただけているおかげでしかないんですが、
偉そうな言い方をすれば、
自分の努力が実ったとも言えるってことです。
(まだお釣りがくるほど十分ではないですけど。苦笑)


つまり、アナタが、現状を変えたいと思えば、
目の前にある問題を解決したいと思うならば、
実はアナタの努力次第で、やり方次第で、
問題は解決できるんじゃないかってことです。

自分にとって、相手にとって、
良いマッチングを生み出すサイクルを築きあげられたならば、
アナタの精神は安定し、
諸問題も解決していきやすくなるんじゃないかってコトなんです。

生きやすくなるんじゃないかってコトなんです。

もちろん、こういったサイクルを築くためには、
色んな勉強や経験も必要でしょう。

自分が今こうして取り組んでいることも、
アレコレと勉強してきたおかげで、
こんなこともできるようになりましたし。

自分なりに、どうあるべきか、どうしていきたいのか、
ずっとずっと自分に問い続けてきた結果でもあります。


今の時期、この数年は、
もはや外国人労働者に頼るしかないとして、
受け入れを様々検討したり、勉強したり、
実際に取り組んでみたりする企業も増え、
同時に、儲かりそうじゃないかと、新規参入者が増え続け、
どうしていけば良いのかに迷い続けている方々が
大変多くいらっしゃると思います。

これらも全て、マッチングです。

そう、もう一つ言いたかったことは、
自分のレベルも上げておかないと、
このマッチングも高いレベルであればあるほど、
成立しにくいってことです。

逆に、レベルの高い人は、
私などのような他人の発言すら、その真意をくみ取り、
自身の歩む道の肥やしに活用されていきます。
情報リテラシーの高い人とも言い換えられます。

レベルのそれほど高くない人は、
素通りです。
興味もわきません。笑
ひたすら安直に目の前の利益最優先です。苦笑

レベルを上げようと思っている方が、
より高みを目指そうとしている方が、
より高度なマッチングを様々求めている方が、

私にご相談をいただく場合が多いですね。


おかげさまで、
私などよりもよっぽどプロフェッショナルな方々が、
様々、私の周りに集っていただけています。

受入にお困りの方、
マッチングにお困りの方、

お役に立てることであれば、
私がお役に立ちたくなる方であれば、(失礼)
喜んで。



————————————————————–

適正な外国人人財活用についてご関心のある方は、
以下、無料メルマガのご案内からどうぞ。

対象:受入企業側、業者側(国内、国外問わず)、士業など業界関係者

https://gaikokujin.link/blog/?page_id=1022

————————————————————–

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Amazon kindle 出版リスト

知りたいキーワードで検索してみてね。

カテゴリーごとに記事が探せます。

スポンサーリンク

2003年1月
    10月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

人気記事一覧

おすすめカテゴリー記事

リリースサービス一覧

有料、無料とも、以下の、ページにまとめてみました。

ご参照ください。

リリースラインナップ