弱者救済を本気で取り組むなら、今までと同じじゃ何も変わらない

この記事は4分で読めます

受入企業、監理団体、登録支援機関、送り出し機関、
外国人労働者、留学生、ビザの種類も受け入れたい業種業界も様々。

このお仕事、この業界、本当に一人じゃ何もできない。
アチコチでグズグズと毒を吐いたり、批判したり。

何もしないよりは、随分マシだとはいえ、
みんな言うだけなら簡単なことを、言いたい放題。

かくいう私自身も、
自分の力が及ばないのを、世間や社会のせいにして、
周りを攻撃するばかり。

…つまんない。汗

自意識過剰すぎるかもしれませんが、
全部、自分のせいにして、
じゃあ、どうすれば世の中変えられるか、
時代や国や法や誰かのせいにせず、

どうすれば悲惨な事件を無くせるのか。

どう世の中を変えれば、良いのか。

その為には、何をすべきなのか。


自分に何ができるのか。

何をどうすれば成すべき道を歩めるのか。

ぶっちゃけ、本当に心底考えて、
新たな行動に移している人に、会えたことがない。

全ては、自分の身の回りのため。
自分のコトだけで精いっぱい。


自身の利益につながる部分にだけ熱心になれて、
それ以外のことについては、外野から文句を言うばかり。
それ以上のことはできないと思ってる。
思い込んでる。

確かに、自身の身を立てられなければ、
自分が安定していなければ、
何事も成すことはできないので、
当然のことですし、誰もが自分が幸せになるために生きているのですが、

…やっぱ、つまんない。

私自身が、文句を言い続けて、飽きてきた。
だから、こんなことを言ってる。

けっきょく、天にツバ吐いて、
自分に落ちてくる。

じゃあ、いったい、オマエは、何がしたいんだと。


この業界は一人じゃ何もできない。

全てが連動して関係しているので、
登場する当事者全てが、よりよく底上げされないコトには、
何事も変わらない。


そうして、結構大変で時間もコストも労力もかけ続けて、
積み上げた自分流のラインが築けたら、
ふぅ、一休みと歩みを止める。
人間誰しも休憩もなしに走り続けることはできない。

気持ちはよくわかる。
私自身も、まったく同じ。

でも、アグラをかいた時点で、その崩壊もまた始まっている。

時代はドンドン移り変わっている。
スピード感は今までとは比較にならない。
今までと同じように、成熟するのを待ってるだけじゃ、
あっという間に浦島太郎で、今の自分さえままならなくなっていく。


いったい全体、どうすべきなのか。


ことこの業界で、理屈で言えば、
時間も労力もコストも、できるだけかけずに物事が成立し、
安定して回り続ける仕組みを素早く築くこと。

その仕組みを築くためには、
ビンビンなアンテナをおっ立てて、
常に仲間内で、共有し合い、共育し合い、励まし合い、
互いに刺激を受け、歩みを加速する以外、
現実的な手段が見つからない。

自身の利益確保はもちろんのこと、
全体の利益までを考えて、今までとは比べ物にならないレベルで、
無駄をなくし、流れをスムーズにし、
時間も短く、労力もかけず、コストは最小限に留めて、
諸々が無理なく自然と成立するように加速させねばならない。

ならば、個々にリソースを余らせて、
それらの余らせたリソースをかき集めて、
また新たな道を切り開いていくのが、
今までになかった新たな取り組みに失敗を恐れず果敢に挑戦していくしかないと思う。

それこそが、この業界の健全化、適正化への具体的な道筋だと思う。

それでしか、情報弱者、経済弱者と言われる弱者救済の道はないように思う。


私は、解体新書企画や、アベンジャーズサービスなど、
誰もしないけど、あったほうがこの業界がもっとスムーズに、
もっと適正化、健全化に向かうんだろうなぁ。
もっと無駄なくスムーズに向かうよなぁ。
心底そう思えるコト、意見交換したり、質問や相談を受け続けてきて、
自分だけじゃない必要とされることを、
カタチにして、世に投げかけてきています。

ある見方をすれば、私の力不足でたくさん集まらなかったり、
また違う見方をすれば、こんなに大勢の方々に過大評価をいただいて、
なんとか、これらの活動を続けられています。

ちなみに、できうるならば、
別に私じゃなくてもいいと思います。
もっと良いモノがカタチになって実現するものならば、
もっと上手に伝えられたり、良い影響を及ぼせる方がいらっしゃるならば、
私が中心じゃなくても、喜んで協力させていただきます。
とうか、逃げてるつもりも毛頭ないけど、中心は苦手だし、
お世辞にも上手じゃないので。


この業界で、それなりに求心力を持ってる方は、
少なからず各地にそれぞれの得意分野で活躍されていらっしゃいますが、
そんな方々こそ、我が我がで自分を中心とした活動だけでなく、
誰の活動であっても、心を砕いて、協力し合っていくことが、
力を合わせて、もっと活躍することが求められていると思う。
(もちろん、同じ方向を向ける方々同士で。)



でも、誤解や偏見を恐れずに言うなら、
私以上にバカみたいに自身の利益を真横に置き去りにさえして、
全体最適の為の誰かの部分最適のために、
取り組んでいる方とお会いしたことが無い。

本気も本気で適正化、健全化を考えている人は、誰一人いない。


みんなどこかで誰かの目を気にしながら、
言いたいコトさえ、言いたい相手に言えずに、
今日も明日もこれからも過ごしていく。

そんなんで、世の中、変えられないですよね。

バカみたいに、何でもかんでも言えばいいってものじゃないけど、
せめて、おかしいものはおかしいとか、
変えるべきは変えるとか、
不満があるならば、解消するとか、
当然と思うことを、当然とできるように。

そんなん、できるわけないじゃんって、みんなどこかで思ってる。

そう思っている人には、いつまでもできない。
できるワケがない。

賢しく色々言うけれど、それもこれも、現状が変わると、
自身の利益が失われかねないリスクがあることを、
どこかでうっすら計算している人がほとんど。


いつまでも変わらぬ世の中に、つまんないって思っている人。
なんか、今までの延長線上ではない新たな何かを、
新たな一歩を踏み出してみませんか?

とても踏み出しているヒマがないと嘆くアナタ、
じゃあ、踏み出せるヒマを作りませんか?

何かと発信されている方、
意外と発信し続けていると、自分は同じことばかりしか言ってないなぁと、
飽きてきませんか?

具体的に、アナタが思う、良かれな事を、小さな一歩目でも良いので
現実へ新たな一歩目を踏み出しませんか?

発信さえしていない方、
面倒かもだけど、誰かの発言に対しても構わないので、
自分の意見を誰かに伝えてみませんか?


今までの自分よりも、一歩前へ、
さらには、今までの延長線上ではない一歩を、
歩んで行き続けることこそが、

弱者救済への道だと思います。

ここ数年で、健全化、適正化へと導きたい情報発信者が増えてきています。
ならばと、もっともっと加速させたい。
発信するだけじゃなく、具体的な活動に取り組んでみてください。

できれば、文句ばっか言ってる人も巻き込んで。

できることを出来る範囲で。

それが確かにプラスへとつながるように。
それが実感できるように。




————————————————————–

適正な外国人人財活用についてご関心のある方は、
以下、無料メルマガのご案内からどうぞ。

対象:受入企業側、業者側(国内、国外問わず)、士業など業界関係者

https://gaikokujin.link/blog/?page_id=1022

————————————————————–

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Amazon kindle 出版リスト

知りたいキーワードで検索してみてね。

カテゴリーごとに記事が探せます。

スポンサーリンク

2004年1月
    10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

人気記事一覧

おすすめカテゴリー記事

リリースサービス一覧

有料、無料とも、以下の、ページにまとめてみました。

ご参照ください。

リリースラインナップ