1. 『採るべきでない人財は、最初からはじく。』 不適性検査スカウター これ大企業の新卒採用では特に当然のことですが、 中小企業では、どうしても社長や採用担当者の経験則でしかなく、 結果、良かれと選んだ人財が、受入後に途中帰国とな…

  2. amozonで調べた後に楽天ブックスみてみると、 違う本がいくつか出てくる。 タイトルと内容説明だけ読んでも非常に興味深いですね。 前出同様に、ご参考まで。 中小企業の成長を支える外国人労働者 [ 日本政策金融公庫総合研…

  3. 新聞といい、雑誌といい、ネットニュースといい、 色々話題の絶えない外国人労働者ですが、 その活用方法や注意点も受入前から把握し対処する必要があります。 大都会の大きな本屋さんにしかないような本もあるかと思います。 ご関心ある方は…

  4. ちなみに、以下、今までの新制度に対するコメントしてきたことを まとめてみました。 ご参考まで。 外国人技能実習機構の業務がスタートしています。 http://ginoujissyuusei.blog.so-net.ne.…

  5. 外国人技能実習機構のHPに載ってます。 色々確認してください。 外国人技能実習機構 制度のあらましのページは以下。 http://www.otit.go.jp/html/abstract.html この中の、『技能…

  6. おかげさまで、様々なご相談が舞い込んでまいります。 ある地域のフィリピン人の経済発展、 人財育成について良質な人財を輩出できるので、 受入企業まで見つけてくるから、 趣旨を理解いただける良質な監理団体も見つけてきているから、…

  7. ブログに書いてしまったので、こちらに忘備録的にまとめておきます。 施行期日について http://ginoujissyuusei.blog.so-net.ne.jp/2017-03-04 技能実習計画について http://…

  8. 本当にコンタクトいただく方々には、改めてこの場を借りて厚く御礼申し上げます。 今も、今までも、様々な方々にご連絡いただき、 やり取りの後に、協業であったり、客先紹介であったり、 ノウハウ共有であったりと、様々な展開がありまして、 …

  9. ふと思いました。 世間一般で長時間労働や賃金不払いを厳しく監理している監理団体職員自身の 労務管理がでたらめになっていると、苦笑いしながら以前指摘したことを。 また、それ以前に、企業や実習生と向き合っている現場の方が、 不条理な…

  10. 先日、ある観光協会にて外国人インターンシップのお受入の説明をしてきました。 大手であれば、数年前から取り組んでいるところもあるようですが、 それでも入管との折衝の仕方や、裁量権の幅などがよくわからず、 結果、私たちのところに相談に…

RETURN TOP
スポンサーリンク

フォーラム内の最近の投稿